spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

6/2夕刻の一撃

s01

rod:Expert Custom EXC820MX lure:Wood 85・18g[RS]

宮城県在住、渋谷健さんからの投稿です。
昨年6月、秋田で釣り上げた尾ビレの立派なサクラマス、63cm。

「6月2日の午後に現地入りし、日が傾きかけた頃、ドスンっと
いう音が聞こえたかのような強烈なバイト!! 流心で抵抗する
魚体に終始ハラハラさせられながらも何とか獲る事が出来た
満足の一本です」

今年から4月1日解禁となり、新たな幕開けを迎える秋田県の
サクラマス。雪シロの影響で難しい局面も多々あると思いますが
その分新しい発見があったり、何より解禁日が早まって単純に
シーズンが長くなることで、自分のペースでマス釣りが楽しめる
ようになったのは喜ばしいこと。他の地域からみれば当たり前の
時期に釣りができるようになっただけですが、秋田のポテンシャル
がどんな形で表れるか、ワクワクしますね。

渋谷さん、ご投稿ありがとうございました。
今シーズンもどうぞ良い釣りを!

r0010513

寒気が去って、また春めいてきました。日も長くなってきて
気分が明るくなりますね。週末はさらに気温が上がりそうで、
サクラも気になりつつ渓流にも行きたいです。
春の釣りを存分に楽しみましょう。

ロクサンと桜

img_4267

EXC630LMを手に、地元山形で大型のトラウトを狙っている
斎藤修平さんからの投稿です。

0114

rod:Expert Custom EXC630LM lure:Emishi Spoon 41・7.0g

023

rod:Expert Custom EXC630LM lure:Yamai 68S Type-Ⅱ

蝦夷スプーン7gと山夷68SタイプⅡで昨年5月に釣り上げた
サクラマス。どちらも狙い澄ましての会心のヒット。
「前年はスランプにハマりましたが、そこからラインシステムや
ファイト中のテンションの掛け方、受ける角度などを試行錯誤して
ようやく目標が達成できました。630LMは流れの中で50cm超
の魚を掛けて初めて真価を見せる、そんなロッドだと思います」

斎藤さん、ありがとうございました。
今シーズンもご投稿お待ちしております。

EMISHI SPOON 37/41/52

0113

蝦夷スプーン37/41/52についてお知らせです。
先日の釣行記でも触れましたが、今期はカラーを変更し、
上記の計8色を製作いたします。
画像はサンプルですので、実際の色相は完成品を撮影して
1つ1つ改めて紹介します。
YMOやAUなど表記だけを見れば旧カラーとだぶるものも
ありますが、全てニューカラーとなります。

今週中に各お取扱店へ注文書を送付いたしますので、ご予約
やお問い合わせはそちらまで。よろしくお願いいたします。

銀鱗

img_5035

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今日はまた雪が舞って
寒い冬に逆戻り。先週の陽気はどこへやら、やっと春が来たと
思っていたらこれですもんね。皆さん、体調管理にはくれぐれ
もお気を付けくださいませ。

017

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Bowie 50S[GG]

こちらは常連の越乃隠者さんからの投稿です。
湖沼型のサクラマス、45cm。

「岩盤の際にボウイを少し沈め、巻き始めると動かないので岩を
釣ってしまったかと思ったら魚の首を振る感触。岩に巻かれそうに
なりながらカスタムの粘りで凌ぐことができました。湖沼型は
初めて釣りましたが、小さくてもその姿に感動しました」

越乃隠者さん、ありがとうございます。
毎年、海上がりのサクラマスもご投稿くださっていますが、
サーベルのようなメタリックな輝きを放つマスの銀鱗はヤマメとは
また違う種の美しさがありますね。
今シーズンもどうぞ良い釣りを。

秋田の桜鱒、新たな幕開け

img_07462

すでにご存知の方も多いと思いますが、秋田県のサクラマス
解禁日が変更になりました。これまで6月1日だった解禁日が
今年から4月1日に前倒しされます。
漁期は4月1日から8月31日まで、米代川、雄物川、子吉川、
今まで通り各水系ごとの遊漁券となります。
詳しくは秋田県内水面漁連のHPでご確認ください。

解禁日が早まることで、ようやく秋田のサクラマス河川が秘める
本来のポテンシャルを楽しめるようになったわけですが、もちろん
4月と6月とでは川の状況は大きく異なります。
つまり、新しいマス釣りの始まりです。
それに対応すべく新たなアイテムを現在いくつか開発中で、来期の
リリースに向けこれからフィールドでのテストを重ねてまいります。
詳しくは後ほど改めてご紹介いたします。
どうぞお楽しみに。

サツキと本流差し

r0012538

今日の雨でまた雪解けが進みますね。冬枯れていた森にも
ジワジワと力がみなぎっていく季節です。

016

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50SD[BS]

こちらは山口県在住、河村直弥さんより。
昨年釣り上げたサツキマスと本流差しのアマゴです。

022

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[BT]

「梅雨明けした川で、今までなら攻め切れなかったかもしれない
淵の底からシンキングディープがサツキを連れてきてくれました。
そして、そこから釣り上がっていくと足跡が多く、魚からの反応
もなかったのですが、流れの効いた雰囲気のある淵で、うっすら
色付いたギンケの本流差しが食いついてくれました。未熟な腕を
ボウイにいつも助けられています」

昨年は台風の影響で、記録的大雨による大きな被害が近くで出た
そうです。山口県と言えば、台風がなぜか逸れやすいという話も
聞きますが、ここ数年の気象は本当にこれまでの常識が通じない
怖さがあります。釣り人として養われるべき、自然の中での
判断力や適応力がこれからどんどん大事になっていきますね。
河村さん、ありがとうございました。
今シーズンもご投稿お待ちしております。

昨夏

015

rod:Expert Custom EXC600ULX lure:Emishi 50FD[YMO]

福島県在住、つり人ムススさんからの昨年の投稿です。
まずはフローティングディープで仕留めた33cm。

「魚の活性が高く、調子良く釣り上がっていた日の夕方近く、
大きな沈み石の巻き返しで蝦夷50FDにルアーをチェンジすると、
巻き返しから追ってきてすぐ手前でヒット。スマートな魚でしたが
パーマークばっちりの雄ヤマメでした」

021

rod:Expert Custom EXC600ULX lure:Bowie 50S[GG]

また別の日、ボウイで釣り上げた色鮮やかな尺ヤマメ。

「毎年シーズン終盤に出掛ける渓流で、大きなヤマメを釣り損ね、
やっちまった…!と失意の中、川を黙々と突き進んでおりました。
しかしチャンスは再び訪れ、ボウイをくわえてくれたヤマメちゃん
は朱色に染まった綺麗な魚でした」

つり人ムススさん、ありがとうございました。
今シーズンもどうぞ良い釣りを!

Floating Deep

014

春の雪解けに急かされるように、渓流用インジェクションミノー
の製作が進んでいます。今回出来上がったのは蝦夷50FD。
しっかりと水を噛んで深く潜るディープダイバーでありながら、
ロッドワークによるヒラ打ちも可能。フローティングならではの
レスポンスで切れ味鋭い派手なアクションを生み出します。
もちろん春先の、深場でジッとしている魚を攻略するのにも
欠かせないプラグですね。

img_9873

真冬に逆戻りした先週とは打って変わり、今週に入って一気に
春めいてきました。今年は溶け残った雪も少なく先々の渇水が
心配ですけど、まずはこの暖かい陽射しが理屈抜きに嬉しいです。

初物

013

rod:Expert Custom EXC860MX lure:Emishi Spoon65・18g[BB]

宮城県在住、平正樹さんからの投稿です。

「50cmあるかないかの小桜でしたが、今度いつ釣れるか
分からないので恥ずかしながら送ります。2月中旬から追波
に通っていますがなかなか釣果が聞こえてこず、例年になく
数が少ないイメージのスタートです」

平さん、今期1本目、おめでとうございます。
毎年釣っていても初物にはやっぱり特別な喜びがありますよね。
遡上数はまだパッとしないみたいですけど、これから雪シロ期に
入って上向いていくよう期待しています。
またの投稿をお待ちしております!

更新のお知らせ

news01

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Emishi Spoon 41・7.0g[GYM]
angler:Daisuke Ito

FROM FIELD 更新しました。
「スプーンのドリフトで尺ヤマメを釣る」
http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=21#cms398

どうぞご覧くださいませ。