spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

解禁日

0111

rod:Expert Custom EXC820MX lure:Wood 85・14g[GS]

6月1日と言えば、昨年までは秋田のサクラマス解禁日でした。
今年も5月最終週となり、微妙にソワソワするのはその名残ですかね。
写真は昨年、最後の6月1日解禁で手にしたサクラマス。
岩手県在住、小原真さんからの投稿です。
「前年の6月は思うように釣りが出来ませんでしたが、その無念を
晴らすことができました」
解禁2日目はでかいスズキを掛けたり、3日目は帰りがけの渓流で
尺ヤマメを釣ったりと、賑やかな解禁釣行になりましたね。

026

rod:Expert Custom EXC780MX(旧モデル) lure:Wood 85・14g[GS]

この太いアメマスも小原さんから。
「5月中旬、岩手で本当はサクラ狙いの釣行でした。取り回しの
良い780MXとWOOD85・14gの大好きな組み合わせで、バック
の薮をかわしながら攻めていると、速い流れの中のわずかな
スポットで思惑通りにヒット…。
桜は咲きませんでしたが、楽しい出会いに感謝です」

小原さん、ご投稿ありがとうございます。
今シーズンもどうぞ良い釣りを!

恵みの雨

0110

rod:Expert Custom EXC600ULX lure:Emishi 50S Type-Ⅱ[AU]

東京都在住、原譲さんからの投稿です。

「このところまとまった雨がなく低水位が続く中、先日やっと
恵みの雨が! 稚鮎の放流も行なわれ、俄かに活気づいた流れ。
やはり魚達は動いていました」

原さんが釣り上げたのは32cmの尺ヤマメ。
早くも渇水なんですね。
ベイトに恵まれてか体高と厚みのある魚体に惚れ惚れ。
原さん、ありがとうございました。
またの投稿をお待ちしております。

img_2773

週末は天気も良く、5月の風が爽やかな釣り日和でした。
サクラマス、ヤマメ、イワナと投稿が届いています。
皆さん、いつもありがとうございます!

野性

019

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[CT]

025

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[CT]

秋田県在住、つしまさんからの投稿です。
昨シーズンの終盤、遠征先の渓で出会った2匹の尺ヤマメ。

「普段釣っているヤマメとは全く別物で、圧倒的に精悍、肌艶も
見事でした。写真では伝えられないことも少なからずありますが、
肌色の体側に浮かんだ水彩画のようなパーマーク、体高があって
平べったいボディ、独特なファイトや撮影中の暴れ方等々…。
尺のオスが2本出てくれた幸運もさることながら、見慣れない
ヤマメの一挙手一投足にひたすら驚いていました」

つしまさん、ありがとうございます。
野性を感じさせる素晴らしいヤマメ達。
確かに写真には写らない、しかし網膜と脳にはしっかり焼き付く
ヤマメの質感や雰囲気ってありますよね。
最高の感動は現場でこそ、ですね。
今シーズンもどうぞ良い釣りを。

img_3508

さて、渓は新緑の輝く季節、生命の息吹に満ち溢れ、大自然の躍動
を実感します。
サクラマスも終盤ですけど、渓流のヤマメやイワナも本来の俊敏さ
を取り戻しつつあります。どこへ出掛けるか悩みまくって、皆さん
楽しい週末を過ごしましょう。

地元の川

018

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S Type-Ⅱ[HYM]

北海道在住、山﨑和信さんからの投稿です。

「実家の近くを流れる川ですが、幼い頃から魚を釣った記憶は
あまりありません。しかしこの日は綺麗なヤマメが相手をして
くれました。何だか、『おかえり』と川が言ってくれているように
感じました。自分の生まれ育った町を流れる川で、いつまでも
このような命が育まれていくことを願っています」

山﨑さん、ありがとうございます。
昔から慣れ親しんだ川には、やはり釣果うんぬんでは語れない
特別な思いが湧き起こります。久し振りに地元の川を覗きに
行きたくなりました。
またの投稿をお待ちしております。

ハイレスポンス・ヘビーシンキング

017

製作中のインジェクションミノーについてですが、只今、
蝦夷50SタイプⅡを発送中です。
バックオーダー分、一度に全てとはいきませんが、出来上がり次第
順次発送いたしますので今しばらくお待ちくださいませ。

024

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S Type-Ⅱ[BS]
angler:Hayato Ozawa

小沢勇人が釣り上げた雄の尺アマゴ。増水気味の押しの強い川で、
この日はほぼ蝦夷50SタイプⅡのみで通した。
「水量があって、様々なポイントに魚が散っている時なんかは、
立ち位置やポイントを選ばずにそれひとつでどんどん核心部を
攻めていけるルアーが欲しいよね。それが蝦夷50SタイプⅡ。
アップからダウンまできっちり対応するし、ヒラ打ちのアピール力
を備えながら、複雑な流れの中でも操縦しやすい」

033

格好いいアマゴだ。
上流を見て右岸に流れがぶつかっていて、そのエグレをアップで
タイトに何度も何度も通して反応した魚。
「反応する筋は幅にして10cm位かなぁ。そこから外れると無視。
複雑な流れもあって、かなりシビアな釣りだったよ」

042

以前もFROM FIELDで紹介したけれど、一日にひとつの川で
4本の尺アマゴをこの蝦夷50SタイプⅡで釣り上げたり、小沢に
とっても絶対に欠かせないルアーなのだ。

二週間越し

016

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[PYG]

こちらも昨シーズンの尺ヤマメ。
山形県在住、大谷武さんからの投稿です。

「遠征先のとある渓流での出来事。良さげな淵で一度チェイスした
ヤマメ。その時は警戒心が強く厳しい状況でした。その2週間後、
日を改め再訪すると、水位が下がり状況的に難しさが増したように
見えましたが、信頼のボウイがこの魚をもたらしてくれました」

大谷さん、ありがとうございます。
真夏の渓で出会った美しい一尾。2週間越しですか。難しい魚は
やっぱり一筋縄ではいきませんね。
今シーズンも投稿お待ちしております。

ワンチャンス

015

rod:Expert Custom EXC510ULX Limited Edition
lure:Bowie 50S[HYM]

昨年9月の投稿です。宮城県在住、小山克宗さんより。

「秋色に身を装った34cmの雄ヤマメです。この日のワンチャンス
を逃さずキャッチできました」

小山さん、ありがとうございました。
シーズン終盤のシビアな状況、本当に小さなミスでせっかくの
チャンスが台無しになりますよね。だからこその達成感です。
今年も良い魚と出会ってください。
またの投稿をお待ちしております。

森の妖精

014

岩化け、木化けという言葉もあるように、よく釣る人ほど
ポイントや魚に対して気配を消し、周囲の自然に溶け込んでいる。
そのせいなのか、伊藤の渓流釣りに同行すると魚だけでなく、
山の野生動物を間近に見ることが結構ある。
4月下旬のこと。
大きめの淵でキャストを続けていた伊藤がピタリと動きを止めた。
左手の手の平をこちらに向けて「動くなよ」というサイン。
さては大きなイワナでも追ってきたのかと思ったけれど、
どうも様子が違う。伊藤の視線は水面ではなく、淵の右側の
切り立った岩盤に向いているのだった。
「あの岩陰から出てくるよ」
訳も分からず、そーっとカメラを構える。
現れたのは、まだ黄色の冬毛をまとったテンだった。

022

テンは夜行性なので、昼間は岩穴や木のホラに入って休んでいる
ことが多く、目に触れる機会は少ない。俊敏で木登りも上手く、
森の中を身軽に動き回りながら、昆虫やカエル、木の実のほか、
小鳥や野ウサギなどの小動物を捕らえて食べている。
そんなテンが伊藤のすぐ視線の先で、やたらとリラックスした
様子でエサを物色している。
「警戒心の強い動物なのに、珍しいなぁ」
見てるとモフモフとして可愛らしい。そしてやはり厳しい
自然を生きる野生動物の気高い美しさを備えている。

031

最後にカメラ目線を撮りたくて伊藤が声を掛けると、くるっと
こちらに顔を向けて5秒ほど静止…。
あとは斜面をするすると駆け上がり、森の奥へ。
幸運な出会いに感謝。

img_5729

今年も野山を駆ける季節がやって来た。
この日はまだまだ水温が低く、魚も眠っている感じの所が
多かったけれど、川によって季節の進度は違う。
ここがダメならあそことテンポ良く動いていく。

05

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[YMG]

芽吹いたばかりの残雪の渓では十分に良型と呼べるヤマメが
伊藤の手に収まったのだった。
「でも、今日の主役はやっぱりテンだな」
あー楽しかった!という笑みを浮かべて竿をたたんだ。

谷底の野生

1

rod:Expert Custom EXC630LM lure:Yamai 68F[CT]

ヒグマの森と高い崖に囲まれた急峻なV字谷に棲むブラウン。
北海道在住、TCD11さんからの投稿です。

「直立する大岩が流れを受け止め、湾曲した深みを形成している
ポイントで、そのエグレに迷わず山夷68Fをダウンクロスで
キャスト。並みのプラグでは翻弄されてしまう複雑で厚みのある
流れですが、涼しい顔で泳ぐ山夷にブラウンが激しくバイト。
強烈なファイトに腕が痺れました」

TCD11さん、ありがとうございます。
他にも様々なフィールドの四季折々のトラウトを追いかける
北海道らしい投稿をたくさん頂きました。
来月は洞爺湖解禁に出撃ですね。どうぞ良い釣りを。

季節

013

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Balsa Emishi 50S[GYM]

「小さいけど、綺麗なヤマメが釣れました!」という宮城県在住、
毛利佳史さんからの投稿です。もうすっかり初夏の色艶。
やはり地域や川によって季節の進み具合は違いますね。

img_1000

山に入るだけでも幸せなのですが、そろそろ雪シロの抜けた
クリアな流れで、ピカピカのヤマメやイワナに会いたいです。