spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

台風一過

09

台風一過の今日は真夏の暑さ。窓から眺める夕暮れの空はブルーと
オレンジのコントラストが綺麗でした。
土砂災害を含めまだまだ警戒を要する所もあり、また週末辺りから
不安定な天気が続きそうです。シーズン終盤に差し掛かり、気も
焦りがちですが、決して無理はせず、冷静に的確に状況を判断し、
とにもかくにも安全最優先で楽しみましょう。
 

t0
t01

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S 1st Type-Ⅱ[AU]

こちらは岩手県在住、Tさんからの投稿です。
すっと鼻先の伸びた夏ヤマメ、格好いい雄の尺上。
サクラマスも釣りまくりましたが、ヤマメの画像もどかどかと
届いております。暑くても渇水でも関係ないですね!
ルアーは絶大な信頼を置く蝦夷50Sファースト・タイプⅡ。
Tさん、いつもありがとうございます。
またの投稿をお待ちしております。

アクション

07
08

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Bowie 50S[HYM]

立派な尾ビレの尺ヤマメ。こちらも夏休み中の投稿です。
東京都在住のTMさんより。

「妻との釣行時、アワセの練習と言ってロッドを強くあおったら、
ドンッと強いアタリが…。そんなつもりはなかったのですが、
そのアクションが尺ヤマメのスイッチを入れてしまったようです。
ひどい渇水状態が続いていてシビアな釣りになるはずが、何とも
おとぼけなヒットと相成りました」

TMさん、いつもありがとうございます。
こんなこともあるんですね。なんと素敵な偶然。
真面目に考えると、渋い状況でこそ様々な誘いを試すこと、
そのバリエーションを豊富に持つことの大切さを改めて
感じさせられますね。
またの投稿をお待ちしております。

夏休み

1
2

rod:Expert Custom EXC560ULX lure:Bowie 50S[BT]

岩手県在住、佐々木貴浩さんからの投稿です。

「夏休み中、半日だけ釣りに行ける時間ができたので日の出と共に
朝駆けしてきました。半袖一枚では肌寒いくらいの気温でしたが、
陽の光が差し込むにつれて心地よい気温に…。渇水している割には
7寸ぐらいのヤマメが飽きない程度に遊んでくれ、普段ならすぐに
スルーしてしまうようなポイントが気になり、じっくり探ると、
なんと尺ヤマメが釣れました。木漏れ日のなかで綺麗に写真に
収めることができ、最高の夏休みになりました!」

佐々木さん、ありがとうございます。
夏休み直前にとつぜん一気に空気が入れ替わって、特に朝晩の
涼しさはもう秋だな…と、ちょっと寂しい気持ちになりましたね。
この尺ヤマメも微妙に色づき始めて、季節の進行を感じさせます。

img_7424

とは言え、日中のジリジリと肌を焦がすような太陽光線は
まだまだ夏の強烈さ(今日も暑かった!)
ちょうど今が夏から秋への転換期ですね。
週末は不安定な天気で場所によっては強い雨も予想されます。
恵みの雨になる所もあれば、急な増水で危険な所も。特に雨の
続いた所ではご注意ください。どうぞ楽しい釣りを。

猛暑

05

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[BT]

鳥取県在住、沖田賢昭さんからの投稿です。

「連日の猛暑で水位が低く厳しい状況でしたが、その暑さも忘れる
良いアマゴが出てくれました。水深の浅いポイントでしたので、
チェイスからネットに収まるまで一部始終が目視でき、ヒヤヒヤ
でしたが楽しませてもらいました」

夏らしく透明感のある魚体、そして尾ビレの両端を鮮やかに彩る
朱色が綺麗です。またクリア且つ浅い流れでのエキサイティングな
攻防は、夏の渓流の醍醐味ですね。
沖田さん、ありがとうございました。
またの投稿をお待ちしております。

再開

img_4582

本日より、通常通り業務を再開いたしました。
ご不便をお掛けしましたが、お休み中に頂いたお問い合わせには
順次回答させていただきます。
また、釣果報告のお便りもあちこちから届いております。
皆さん、ありがとうございます。
なかには秋の気配を感じて色づき始めたヤマメの写真もあり、
いよいよ今シーズンも佳境だなーと思う次第。
まだまだ楽しまないと。

夏山女魚

013

rod:Protomodel lure:Emishi 50S 1st Type-Ⅱ[AU]
angler:Hideki Ito

夏ヤマメ一里一尾、という言葉がありますが、こんなヤマメを
釣るためなら一里の距離ぐらい望むところです。
蝦夷ファーストモデル特有の派手なフラッシングに反応した、
美しくそしてたくましい幅広の尺上。

022

狂ったように猛攻撃を仕掛けてくるアブの存在も、こういう
いい魚を撮影している時だけは気になりません。
この他にも魅力的な夏のヤマメ達が写真に収まっておりますので
詳しくはまた後ほど…。

032

暦の上では立秋を過ぎましたが、暑さはまだまだ続きそうです。
今年は9月の残暑も厳しいとか。
「今時期からは当然魚も神経質になってるし、決まっていい魚を
釣った時に思うのは、正確であること、丁寧であること、そして
冷静であること、すなわち集中力の重要性。雑に釣っていたら
まず難しいよね」
酷暑の中でもその集中力を維持させてくれるのが、タックルの
性能であり、身に付けるもの全ての快適さです。
もちろん、自らの長い経験を詰め込んだこのメッシュベストも
伊藤にとって重要な必需品のひとつ。
熱や湿気の放出性に優れ、且つ軽量で動きやすいメッシュベストは
どの季節においても大きなメリットを生み、じっさい伊藤は
シーズン通してメッシュベストを愛用していますが、特に暑くて
たまらない今の季節は欠かせませんね。

041

さて、明日から夏休みという方も多いと思います。
くれぐれも熱中症には気をつけて、水分・塩分そして睡眠を
しっかり取って、どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいませ。

渇水の渓で遊ぶ

img_3771

シーズン佳境に向けて、渓流用インジェクションミノーの製作が
進んでいます。只今、蝦夷50Sを発送中です。

p7160898

rod:Protomodel lure:Emishi 50S[YMO]
angler:Daisuke Ito

渇水の渓で出た綺麗な泣き尺ヤマメ。
「使っていて安心感がある」と言う蝦夷50Sは、感覚的には
ルアーが「水に包まれている感じ」で、複雑な流れにしっかり
同調し、飛び出したりコケたりしないハイバランスな操縦性
が特長です。
「流れの中に留めておけるキープ力に優れてるから、魚に口を
使わせる『間』が取りやすいよね。リーリングスピードを抑えて
よりゆっくりと引ける」

011

こちらは9寸。暑くても渇水でも、これくらいのヤマメが
ミノーを追ってくれるとテンション上がりますね。
皆さんも思う存分、夏の渓流を楽しんでください。

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら下記の期間は夏季休業とさせていただきます。

■2016年8月11日(木)から8月16日(火)まで

この期間中、メール及びFAXにていただいたお問い合わせに
つきましては、8月17日以降、順次回答させていただきます。
電話受付も17日より再開いたします。

ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますよう
お願いいたします。

img_9563

有終の美

03

rod:Expert Custom EXC510UL
lure:Bowie 50S[GGT]present color

こちらはプロショップオオツカの内藤努さんから頂いた投稿です。
昨シーズン、最後の最後に飛び出した格好いい尺ヤマメ。

「なかなか釣りに行けず、気がつけばあっという間に9月になって
いました。焦りはなかったと言えば嘘になりますが、ラスト釣行の
9月29日、残り3時間…。そこで、あと3時間もあるんだと開き
直れたことで結果的に良い方向に転んでくれたのかなと思います。
ボウイの記念品のカラーで釣れたことが何よりも嬉しかったです」

内藤さん、ありがとうございます。
終盤戦は焦りもあるし、魚達にはスレも蓄積している難しい時期、
その最終釣行の残り時間わずかなところで尺ヤマメとは、何とも
ドラマチックな巡り合わせでしたね。まさに有終の美。
今年も思い出に残る出会いを求め、山河を駆け回りましょう!
またの投稿をお待ちしております。

蝦夷梅雨

02

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Yamai 68S[ITS]

北海道在住、アイウシさんからの投稿です。

「北海道も蝦夷梅雨で不安定な空模様のある日、朝から大好きな
本流に行ってきました。荒瀬を丹念に探っていくと、石にあたって
できた流れのヨレから現れてくれたのは泣き尺のヤマメ。
シーズン中、何とか尺を手にして釣り納めたいです」

本州で定義される梅雨とはまた違う、北海道独特の長雨の時期が
蝦夷梅雨。その後は短い夏が来て、秋が駆け足でやってくる…
季節の進行が早いぶんだけヤマメ釣りシーズンは短いですが、
その中で、目標の一尾を追ってぜひぜひ楽しんでください。
北海道の大自然が育んだ綺麗なヤマメの画像、また楽しみに
お待ちしております。
アイウシさん、ありがとうございました。