spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

寸前

08
09

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S 1st Type-Ⅱ

岩手県在住、林崎友和さんからの投稿です。

「押しの強い瀬でアップクロスにキャストし、ピックアップ寸前で
なんとか食わせることができました。とても太く、パーマークも
くっきり、凄くキレイなヤマメでした」

林崎さん、ありがとうございます。
おっしゃる通りプロポーション抜群、パーマークの出方も本当に
魅力的な尺ヤマメ。一緒に送ってくださった動画の、水面下で
呼吸するヤマメの顔を見てると釣欲がふつふつと湧いてきます。
今シーズンもご投稿お待ちしております。

9月をさすらう

06
07

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowiei 50S

埼玉県在住、SKさんからの投稿です。

「8月は暑さと渇水に釣欲も失せましたが、しかし9月になると
今度は毎週のように台風がやって来て、釣行の度に増水で行き場を
失うばかり…。ただでさえ少ない引き出しはとっくに空っぽで、
釣りの可能な川を探してるうちに1日を終えるという有様でした。
天気図を罵倒し続け、腐りかけた9月中旬のある日。訪れた川は
2日前に来たかったなという雰囲気でしたが洪水警報の呪縛からは
解き放たれました。
釣り上って行くとチビヤマメがポツポツ顔を出すも、なかなか
喰わせられず、出来ればもっとゆっくり引きたいけれど流れが
それを許してくれません。こんな時はBOWIE50。
こういうシーズン終盤の厳しい状況は、よりこのミノーの凄さを
実感できる場でもあります。そして結果も出てしまうのです」

1
11

「どアップで流れと平行に引きヒラ打ちさせてヒット。その重さと、
水面を割った金色の魚体で、なんでこんなところで鯉?と怪しみ
ましたが、寄せてみるとイワナであることに束の間の安心。
元気いっぱい走り回ってビビらせてくれた魚は、50の大台には
5mm足らずの立派なイワナでした」

と、ここまででも十分に満足な釣行だったのですが、SKさんは
さらに…。つづきはまた後ほど紹介したいと思います。
SKさん、ありがとうございました。
太くてめちゃくちゃパワーありそうなイワナですね。色合いも
居着きっぽくて、ヤマメ狙いでもこんなイワナなら嬉しくて
写真撮りまくりです。
今シーズンもどうぞ良い釣りを!

発送中

013
022

ボウイ50Sのニューカラー、AMPとGYR、出来上がった分から
少しずつ発送を開始しております。
 
今回も予想を超えるたくさんのご注文をいただき、誠にありがとう
ございました。製作にはどうしても急ぐことのできない工程があり
完納までにお時間を頂戴しますこと、ご理解いただければ幸いで
ございます。まだ初回納品分も全ての釣具店に行き渡っておらず
ご迷惑をお掛けいたしておりますが、出来上がり次第順次発送
いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

沈み岩

04
05

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Emishi 65S[AU]

福井県在住、越乃隠者さんから昨年8月の投稿です。

「どこも渇水の中、普段の行きつけとは異なる川に入りました。
比較的状況は良さそうで、沈み岩を掠めるようにミノーを通した
瞬間、写真のヤマメが襲い掛ってきました。ガンガン瀬の中を
散々走り回られて肝を冷やしましたが、なんとかランディング。
激しいファイトに似合わず、どこか上品な感じのヤマメでした」

ネットに収まったのは見事な37cm。
色白でしとやかなヤマメですね。
越乃隠者さん、ありがとうございました。
この寒波でそちらも雪でしょうか。シーズン中の水況を考えれば
降るべき時にしっかり山に降ってほしいですね。
気づけば九頭竜の解禁ももうすぐそこ。
今年もどうぞ良い釣りを!

窓の外を見たら

011
012

年末年始も本当に雪が少なく、ちょっと気味が悪いくらいに
穏やかな日が多かったですが、今日の午後になり、ふと窓の外を
見たら、いつのまにか辺りの木々が真っ白な雪をかぶっていて、
とつぜんの冬景色に目をしばたきました。
ようやく冬めいてきましたね。
雪掻きは大変ですけど、これだけ雪が少ないとシーズン中の
水不足も心配。異常気象にもさほど驚かなくなった昨今、
やっぱり冬は冬らしくあって欲しいものです。
明日から東北を中心に寒さが厳しくなるようですので、
皆さんご自愛くださいませ。

ゴーイチ

昨年も本当にたくさんの釣果投稿をいただきまして、改めて
ありがとうございました。
魚の大きさに関わらず、全ての写真とお便りが嬉しく何よりの
励みです。今シーズンも楽しみにお待ちしておりますので、
どしどしご投稿ください。なにとぞよろしくお願いいたします。

02
03

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 65S 1st Type-Ⅱ[OS]

こちらは秋田県在住、熊谷雄介さんからの投稿です。

「今年は仕事でなかなか川に立てなかったのですが、
運よく綺麗な魚に出会えたので報告します。カスタムの
ゴーイチでのやり取りは最高にスリリングで楽しかったです。
幸い陽光にも恵まれ、良い写真になりました」

渓流タックルで釣り上げた59cmの逞しいサクラマス。
他にも鼻曲がりの格好いい雄の写真もありますので、また後ほど
紹介いたします。ショートロッドで大物を獲る面白さは、
もはやカスタムの真骨頂のひとつですね。
熊谷さん、ありがとうございました。
今シーズンもどうぞ楽しい釣りを!

2017 迎春

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年はご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

いよいよ新しいシーズンのはじまり。期待に胸が弾みます。
より多くの笑顔と感動が生まれるシーズンとなりますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

0
01

年の瀬

今年もご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
年の瀬も押し迫ってまいりましたが、雫石はいま現在積雪もなく、
いつにない穏やかな冬となっております。

振り返れば2016年も、4月の熊本地震に、相次ぐ台風の襲来と、
列島各地でさまざまな自然災害が起き、8月末には岩手沿岸でも
大型台風にともなう豪雨により甚大な被害が発生しました。
ここ数年でたくさんのフィールドが自然の猛威によってダメージを
受けていますが、野生本来の強靭な生命力を信じ、その復活を
強く願う次第です。
またそうした野生のトラウトが数を減らしていく状況の中で、
私たち一人ひとりに何ができるのかということを深く考えて
ゆかなければなりません。

掛け替えのない大切なフィールドと向き合いながら、自然を愛する
釣り人みんなが、来期も素晴らしい時間を過ごすことができますよう
心からお祈りいたします。

それでは皆さん、良いお年を!
 

有限会社イトウクラフト
代表取締役 伊藤秀輝

年末年始休業のお知らせ

002

誠に勝手ながら下記の期間は業務をお休みさせて頂きます。

■2016年12月29日(木)から2017年1月4日(水)まで

期間中メールおよびFAXにて頂いたお問合せにつきましては、
2017年1月5日(木)より順次回答させて頂きます。
あらかじめご了承くださいませ。

ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

思いを継ぐ

雪が解け、春が訪れれば、来シーズンも大好きなサクラマスを
追って、共にロッドを振るはずだった一人の友人の釣り姿を、
私はもう見ることができません。

去る12月11日、岩手県久慈市のフィールドスタッフ、
小田秀明が、51歳という人生半ばで永眠いたしました。

トラウトルアーがまだマイナーだった時代からこの釣りに熱く
のめり込み、古くからの正統派ルアーマンの信念とスタイルを
今も変わらず貫き続ける数少ない釣り師の一人でした。
そんな志を共にする友人との突然の別れは、本当に悲しく、
無念でなりません。
今年5月のゴールデンウィーク、吉川勝利を含め3人で米代川へ
釣行し、みんなでサクラマスを釣り上げた時の小田の会心の笑顔が
何度も何度も蘇ってきます。

これから、まだまだ楽しい時間を共有したかった。
しかしそれが叶わなくなった今、これまで支えてくれたことに
深く感謝するとともに、心から哀悼の意を表します。

                  有限会社イトウクラフト
                   代表取締役 伊藤秀輝
 
 
◎在りし日の釣行写真等を集めた追悼記事を今後掲載する予定でおります。