spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

夏渓

angler:Daisuke Ito
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

美しい夏ヤマメを目当てに、伊藤大祐と共にとある渓谷へ。
朝方は空を覆っていた雲もすぐに霧散し、夏の強い陽射しが
照りつける谷底でふと視線を河原の砂地に向けると、たぶん
昨日今日付けられたんだろう足跡が…。
まあ、週末だし、人の入らない場所なんて今やないわけで、
ポジティブに、むしろ釣り人はシビアな状況と手強い魚に
嬉々として釣り上っていく。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

岸から枝葉を伸ばす広葉樹が川の所々にシェードを作っている。
思わずゴクリと唾を飲み込むポイントが点在するも、そんな
いかにもな淵やシェードに入っているヤマメは一様にスレていて、
あからさまにヤル気がない。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

rod & lure:Protomodel

速いペースの中で丁寧に且つ様々なヒラ打ちを講じる。繊細な
釣りを通す大祐の手に収まった、綺麗な夏のヤマメ。ルアーは
ここ数年、小渓流用に性能を煮詰めてきた新型バルサミノー。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

釣って放すだけじゃもったいない。たまには一息、いや二息も
ついてマジマジとヤマメを鑑賞。大物じゃなくとも、その繊細な
美しさに目を奪われます。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

これもいいヤマメ。魚の数は多くなく、川のポテンシャル的に
サイズもこの辺りが良いところ。コンディションはみな抜群、
何よりスレッカラシとの駆け引きが楽しい。
撮影を始めるたびに、猛烈な勢いで物凄い数のアブが出現するも、
鮮やかなピカピカの夏ヤマメに僕らはもちろんニッコリ。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

この日、カメラのファインダーを覗いてもっとも興奮した一尾。
個性的で鮮明なパーマークと完璧な色艶、そしてこの健康的な
太さ。流れる清冽な水とのコントラストも最高に美しく、ひと目で
心をぐわっと鷲掴みにされた気分です。
周囲の山の素晴らしさをそのまま表しているようなヤマメの姿に、
やっぱり豊かな森の環境があってこそのヤマメだよなぁ…と
改めて実感。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

メッシュベスト必須のジリジリとした暑さ、そしてアブの猛攻。
それも含めて盛夏の渓流釣りですね。
今しか楽しめない釣りを、思う存分堪能しましょう。
明日から夏休みという方も多いと思います。突発的な大雨による
急な増水、はたまた熱中症などにはくれぐれもお気をつけの上、
皆さん、どうぞ楽しい休日をお過ごしください。

発送

イトウクラフト,itocraft,山夷

只今、山夷50SタイプⅡを発送中です。
ぶっ飛び仕様で且つ流れの最強ミノー、圧倒的な飛距離とボディ
バランスで、渓流から本流まで様々なフィールドで威力を発揮。
速く複雑な流れの中でも決して浮き上がらず、キビキビと綺麗に
泳ぎ切る安定性を武器としながら、トゥイッチに対する機敏な
レスポンス性能も保持しています。とりわけサイド~ダウンの
釣りで無類の探りやすさ、誘いやすさをぜひ実感してください。

11

さて、台風の進路や被害が心配ですが、皆様、くれぐれも
お気を付けくださいませ。

サイズよりも

イトウクラフト

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[BT]

「サイズよりも、とにかく綺麗なヤマメが釣りたくて、朝から
長い距離を歩きましたが、釣果はポツポツ程度。それでも諦めずに
竿を振り続けていたら、この一匹に出会えました」

岩手県在住の菊池涼さん、ご投稿ありがとうございます。
しとやかなパーマークと薄っすら浮かんだピンクが何とも美しい
ヤマメ。歩きまくった疲労も心地よさに変わる瞬間ですね。
またの投稿をお待ちしております。

過程

イトウクラフト

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S Type-Ⅱ[ITS]

「一度かけ損ねたヤマメのリベンジに行ってきました。
複雑な流れのため、前回上手く食わせきれなかった事を教訓に、
立ち位置、トレースコース、食わせる場所をイメージ。
渇水の渋い状況でもう次は無いだろう緊張感ある一投でした」

宮城県在住の堺淳さん、ご投稿ありがとうございます。
一匹を釣り上げるまでのプロセスに喜びの詰まったヤマメ。
何となく釣れた魚と、こうして思惑通りにヒットさせた魚とでは
釣り人にとっての意味も嬉しさもぜんぜん違います。
「雨が欲しいです」とのことですが、本当に、ゲリラ豪雨は勘弁で
程よく降っていただきたいものですね。
またの投稿をお待ちしております。

夏季休業のお知らせ

イトウクラフト

誠に勝手ながら下記の期間は夏季休業とさせていただきます。

■2017年8月11日(金)から8月16日(水)まで

この期間中、メール及びFAXにていただいたお問い合わせに
つきましては、8月17日以降、順次回答させていただきます。
電話受付も17日より再開いたします。

ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますよう
お願いいたします。

River Wye

イトウクラフト,itocraft

イギリスはロンドン在住の石井義典さんから、今年も初夏の
お便りが届きました。

 
イトウクラフト,itocraft

rod:Expert Custom EXC510ULX Bait model
lure:Yamai 68S Type-Ⅱ[AU]

「今年の春に新調したベイトロッドを手に、6月と7月の二度、
ウェールズのワイ川に行ってきました。春から秋まで、少しずつ
大雨や潮の動きに合わせて遡上するアトランティックサーモンは、
そのタイミングによって釣れてくる個体の状態が全く違います」
 

イトウクラフト,itocraft

「昨年は二度の釣行で1匹しか釣れませんでしたが、魚の着き場や
フライフィッシングの流し方を応用した食わせ方などが少しずつ
分かりかけてきたためか、今年は遡上数が少ないにもかかわらず
合計4匹のサーモンを釣り上げることができました」

 
イトウクラフト,itocraft

石井さん、いつもありがとうございます。
ご多忙中の少ないトライで、良い結果が出ましたね。ちなみに、
サーモンのサイズは70~80cm。もちろんダブルハンドロッドも
使いますが、これを5ft1inのライトタックルで獲るわけですから
それはもうファイトは最高に熱いでしょうね。
今回は6月のフレッシュな銀ピカの個体を掲載しましたが、7月の
色付いた魚達も後ほど紹介させていただきます。
またの投稿をお待ちしております。

安堵

イトウクラフト

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S

イトウクラフト

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S 1st

こちらはつい昨日の釣果投稿です。
夏渓で飛び出した尺上のかっこいいイワナと綺麗なヤマメ。

「平日は本流も支流も昨年の災害復旧の工事により、どこも
茶色い水でしたが、何とか釣りになりそうだった昨日の日曜日、
出かけてみると、魚はしっかりと残っていました。一安心です」

青森県在住のKazuさん、ありがとうございます。
心地よい休日になりましたね。
ここ数年、頻発する自然災害や異常気象により多くのフィールドが
ダメージを受け、その姿を変えていますが、しかしそこで種を繋ぐ
野生の力強さに、僕らが勇気付けられることも少なくありません。
またの投稿をお待ちしております。

更新のお知らせ

イトウクラフト,itocraft,大ヤマメ,伊藤大祐

rod:Expert Custom EXC510UL lure:New Balsa Minnow[Protomodel]
angler:Daisuke Ito

FROM FIELD 更新しました。

「無音」 伊藤大祐
http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=19#cms450

どうぞご覧くださいませ。

機動性

001

rod:Expert Custom EXC510ULX
lure:Emishi 65S 1st Type-Ⅱ[ITS]

宮城県在住、長澤哲也さんからの投稿です。

「ヒットポイントは急瀬のテトラ帯に生じた淀み。ダウンでは
狙えない角度だったので蝦夷65Sファースト・タイプⅡをアップ
で投げ入れ、ヒラ打ち2発で食ってきました。ロッドは今シーズン
EXC600ULXばかり使っていましたが、久しぶりに510ULXを
振りました。このミリ単位でルアーをアクションさせているような
操作感をすっかり忘れてしまうところでした!」

長澤さん、ありがとうございます。
相変わらず本流で安定した釣果を手にしていますね。
ファーストならではの水噛み感とド派手なヒラ打ちは本流でも
欠かせませんね。
そしてゴーイチの操作性。ロクマルのストロークも大きな優位性を
もたらしてくれますが、より機動性を重視したショートロッドで
細やかに誘う釣りも本流の楽しさのひとつです。
またの投稿をお待ちしております。

個体差

a1

rod:Expert Custom EXC510UL
lure:Bowie 50S & Yamai 50S Type-Ⅱ

昨年頂いた投稿もまだたくさん残っています。
こちらは新潟県在住、秋山和秀さんからの投稿です。
「山が違うから、魚の個性もぜんぜん違うね」と秋山さん。
2匹とも立派な尺ヤマメですが、右のヤマメは乳白色の
ベースに赤の発色が映え、左は燻し銀の色相。
様々な川に足を運び、多くの魚を釣ることでヤマメ釣りは
ますます面白くなりますね。
秋山さん、ありがとうございました。
またの投稿をお待ちしております。