spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

虎山女魚

angler:Hideki Ito

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,ボウイ,ヤマメ

ジンクリアの渓谷に生まれ育った尺上の雄。
著しく盛り上がった背中に引っ張られるように、パーマークが
縦に伸びている、伊藤が虎ヤマメと呼ぶ希少なタイプの個体。

「この顔付きとセッパリの虎模様に感動するね。
山岳渓流の猛者の迫力だよなぁ…」と伊藤もココロから満足気。

渓流ファンにとっては、まさに直球ど真ん中のヤマメですね。

12

暑い日の多い9月でしたが、ここへ来てようやく山の空気も
秋らしく冷え込んできました。
さて、2017年の渓流シーズンも残すところ1週間。
最後のドラマを夢見て、はたまた渓谷の豊かな自然に癒されに、
それぞれの締めくくり釣行をどうぞ楽しんでください。

夏のように

itocraft,イトウクラフト,ヤマメ,韓国

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Emishi 50S Type-Ⅱ[HYM]

久しぶりに韓国のKangさんからご投稿をいただきました。

「こんにちは! まだ夏の色をしたヤマメが釣れました。
体高が凄くて、パワーも素晴らしかったです。皆さんも
楽しい釣り、良い一日を!」

今年も大好きなヤマメ釣りを存分に満喫しているご様子。
ヤマメは夏のようにパワフルですが、色付いた落ち葉が
森の季節の進度を物語っています。
Kangさん、ありがとうございました。
またの投稿をお待ちしております。

秋雨が晴れて

08

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Bowie 50S[CT]

こちらは昨年9月終盤の一尾。
長野県在住、柳澤功さんからの投稿です。

「秋のいかついアマゴの顔を見れないまま9月も最終週…。
長雨で思うように竿を出せない焦りもありましたが、川の流れが
落ち着いてきたこの日、それでもまだ押しの強い流れにボウイを
うまいこと送り込めたと思った瞬間、いいアマゴが飛び出して
くれました」

柳澤さん、ありがとうございます。
まさに思い描いていた険しい顔付きの雄、押し詰まったところで
ついに応えてくれましたね。
今シーズンも最後のドラマに期待ですね。
またの投稿をお待ちしております。

台風の前に

07

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[BT]

「台風の前に、いい魚が出ました。今年は半月ほど秋の訪れが
早い気がします。群馬の渓流は20日で終了なので、残すは遠征。
悔いが残らないように無理せず頑張ります」

群馬県在住、荒川大輔さんからの投稿です。
燻されたような渋い体色が水中の季節を物語っています。
やはり季節の進み具合は地域によって違いますね。
最後の遠征もどうぞ楽しんでください。
ご投稿ありがとうございました。

3連休に日本列島を縦断した台風18号。大雨で地盤が緩んだり、
斜面が崩れやすくなっている所もあります。そしてまた明日も
降りそうな予報。渓流シーズンも終盤で焦る気持ちもありますが、
決して無理はしないようお気をつけくださいませ。

タイプ

angler:Hayato Ozawa

itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ,エキスパートカスタム,ボウイ,Bowie,EXC
itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ,エキスパートカスタム,ボウイ,Bowie,EXC

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[HYM]

格好いい顔付きの尺アマゴ。狭い棲息範囲の中で、あらゆる
危険から逃れ生き残った居着きの個体です。
小沢さんいわく「この川は昔、遡上タイプの個体もいて、今も
その血筋を感じさせるアマゴが棲んでる。この魚もそう」
顔の大きさや魚体のシルエット、ヒレのバランスなどを見れば
確かに居着きタイプだけれど、パーマークや体色は薄い。
「ここのアマゴの特徴だよ」
 
 
itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ,エキスパートカスタム,ボウイ,Bowie,EXC

rod:Expert Custom EXC510PUL lure:Bowie 50S[YMG]

また別の日、別の川で釣り上げた一尾。下流の大きな懐で成長し、
遡上してきた個体。
「こっちは生活スタイル的には完全に遡上タイプだけど、アマゴの
血が濃いためにパーマークがくっきり浮かんだ個体」とのこと。

環境や魚の系統、様々な要素が絡み合いそれが個性となって魚体に
現れる渓魚達。彼らの姿に目を凝らし、思いを巡らせる。
そうやって川を歩き、魚達との出会いを楽しめるのもあと半月。
時が過ぎ去る速さに何より驚きます。
 
 
22

さて、明日から連休という方も多いと思います。
大好きな川で、大好きな魚と遊べれば最高です。
台風の影響が心配ですが、もちろん安全第一で、
皆さんどうぞ良い休日を!

クリッピング

itocraft,イトウクラフト

只今、クリッピングリリーサー・Sサイズを発送中です。
年々希少性を高めている銘木を大切に使用し、独自の画期的な
システムを採用したクリッピングリリーサー。レザーバンド側の
ワイヤークリップが銘木内の心棒をカチッと挟みこんでネットを
保持します。味わい深い瘤材に雄ヤマメのバッジをビルトイン。
(Lサイズは雄鱒のバッジ)

size:銘木部24mm×32mm×11.5mm
wood:シャム柿、マートルバール price:4,286円
wood:カリンバール price:4,571円

ご使用の際は、レザーバンドのネジをきちんと締め込み、緩んで
いないかご確認ください。ネジ止め剤の使用もオススメです。
薮漕ぎ中に大事なネットを紛失!という最悪のケースを防ぐために
脱落防止用のコイルコード等と一緒にご使用くださいませ。

スイッチ

イトウクラフト,itocraft

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[AMP]

「大物にはほとんど縁のない通い慣れた地元の小さな川ですが、
今日はいつもと様相が違い、良いサイズのイワナとヤマメが
ボウイを追ってくれました。本能にスイッチが入ったようです」

山形県在住、Tetsuさんからの投稿です。
色の濃いいかつい雄イワナと、秋色の出始めた雌ヤマメ。
足を運び続けているからこそ出会えたタイミングですね。
最後の締めくくりまで、どうぞ楽しんでください。
ご投稿ありがとうございました。

03

この週末も日中は夏に戻ったかのような暑さでした。
しかし季節の針は着実に進んでいるようで、先週まで青かった
イガグリもぱかっと割れて、落ち始めていました。
天気予報をみるとまた今夜から雨。
けっこう降りそうなんで、川と魚にどう影響するか…。
押し詰まった終盤戦はひとつの雨でがらっと事態が変わります。
激しい増水で危ない所もあると思います。くれぐれもご注意を。

季節の進度

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ

angler:Hideki Ito

すっと鼻先が伸び、精悍さを増してきた雄のヤマメ。
ただ何センチの魚を釣ったということだけじゃなく、
例えばヤマメの顔付きや色彩の艶やかさに、季節の
絶え間ない移ろいを感じることも僕ら釣り人にとって
掛け替えのない幸せです。

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ

rod & lure:Protomodel

淡い琥珀色と乳白色の下地に、まるで蛍光塗料を吹いたような
華やかな秋色が目を引く個体。
来シーズンに向け、ロッド、ルアー、様々なニューアイテムの
テストを重ねる中で、伊藤が釣り上げた美しい尺ヤマメ。
シビアな感性と手強い魚が、道具の性能を限界まで磨く。

他にも紹介したい魚達がSDカードに収まっておりますので、
のちほど改めて…。

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ

朝方は薄手のフリースを着込んでの釣りでしたが、太陽が顔を
出すと日中は思いのほか暑くなるここ最近。
一気に秋めいてきたかと思えばちょっと季節が足踏み状態。
相変わらずリズムの掴みにくい天候が続きますね。

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ,ウェーダー

現在開発中のゴアテックス・ウェーダーも、運動性能と耐久性の
完璧な両立を図り、細部の仕様まで詰めながらハードにテストを
繰り返しています。こちらも乞うご期待であります。

5

毎年9月はいくら時間があっても足りませんね。
今シーズンの渓流も残された週末はあと4回。
さてさて、どんなドラマが待っているのでしょうか。
皆さん、どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいませ。

チェイス

イトウクラフト

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Yamai 50S[ITS]

「シーズンも終盤に差し掛かって、気持ちばかり焦っています。
さんざん歩いて、川を変え、普段は飛ばしてしまうような膝丈にも
満たない浅い瀬で、山夷50を猛追してくれたヤマメ。
この日もヘトヘトでしたが満足です」

宮城県の平正樹さんより、つい先日の投稿です。
いつもありがとうございます。
焦りと寂しさの入り混じるこの時期、いい釣りができてホッと
ひと息ですね。そしてまた、次なる釣行へ…。
最後のひと振りまでどうぞ楽しんでください。
またの投稿をお待ちしております。