spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

発送中

013
022

ボウイ50Sのニューカラー、AMPとGYR、出来上がった分から
少しずつ発送を開始しております。
 
今回も予想を超えるたくさんのご注文をいただき、誠にありがとう
ございました。製作にはどうしても急ぐことのできない工程があり
完納までにお時間を頂戴しますこと、ご理解いただければ幸いで
ございます。まだ初回納品分も全ての釣具店に行き渡っておらず
ご迷惑をお掛けいたしておりますが、出来上がり次第順次発送
いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

受注締め切り

12

ボウイ50Sのニューカラーのひとつ、AMP。これから背中に
カラーが塗り重ねられ完成へと向かいます。

ボウイ50S(AMP、GYR)、及び蝦夷65SタイプⅡの受注は
本日が締切日となります。
期間中はたくさんのお問い合わせとご注文をいただきまして、
誠にありがとうございました。
どちらも12月上旬から順次発送開始を予定しておりますが、
注文数によりましては分納となりますので、詳細はまた追って
ご案内申し上げます。
何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

EMISHI 65S TYPE-Ⅱ

新ミノー、蝦夷65SタイプⅡの特長のひとつは、ズバ抜けた
遠投性能です。蝦夷65Sのウエイト設定をチューンナップし、
プラス2gの重量と綺麗な飛行姿勢によって圧倒的な飛距離を
手に入れました。

そしてアクション性能については、これだけウエイトアップ
しながらも、蝦夷らしい派手なウォブリングとハイレスポンスな
ヒラ打ちアクションを維持している点に最も驚きますが、設定を
施した伊藤大祐いわく、蝦夷65S本来の豊富な浮力を生かした
ボディデザインがあるからこそ、とのこと。
「ウエイトの設定によって、リップの水噛み感が釣り人にさらに
ダイレクトに伝わり、また本流に適したルアーの立ち上がりと、
複雑な流れでの復元力も増しています」

「性能的にはWOOD85に近づけた所が大きく、飛行姿勢や
水噛み感、操作感、ヒラを打つ時の頭の入り方、その辺りが
WOOD85の性能にだいぶ共通しています。
今はヘビーシンキングがすっかり一般化していますが、
蝦夷65Sファースト・タイプⅡ、山夷68SタイプⅡ、そして
この蝦夷65SタイプⅡ、これら3つのモデルが揃ったことで
本流釣りの核を成すベースができたと思います。
それぞれのメリットを引き出しながら使い分けることで、
本流でマス化したヤマメから、サクラマス、サツキマス、
アメマスといった遡上魚まで、大物の存在が今まで以上に
ぐっと近いものになると思います」

NEW MINNOW「EMISHI 65S Type-Ⅱ」コマーシャルムービー
angler:Hideki Ito
rod:EXC560ULX, 600ULX

この飛距離、この泳ぎ、来シーズンの本流が楽しみです。
どうぞ皆さん、目いっぱい本流釣りの面白さに浸ってください。

ET-65H

028

前回も書きましたが、蝦夷65SタイプⅡにはフックサイズ#8を
標準装着します。(これまでの65~68mmミノーは#10)
フックサイズを上げた理由は言うまでもなく、サクラマスを含めた
大型魚を完璧に意識してのこと。

そして、この換えフックも「ET-65H」としてリリースいたします。

NEW RELEASE
■ET-65HB(ブラック)
■ET-65HR(レッド)
12本入りで価格は税別780円です。

エキスパートトレブルフックは、スレたトラウトの浅いバイトを
逃さない貫通性能と、大型魚にも安心して攻め抜くことのできる
弾性と強度を高次元でバランスさせた独自のデザイン。
魚との直接的な接点となる唯一のパーツがフックです。ここは
こだわりどころですね。
来シーズンの本流ミノーイングにぜひ。

受注開始 その2

026
027

ボウイ50Sと同時に、ニューアイテム「蝦夷65SタイプⅡ」の受注
も開始いたしました。

■SPEC
サイズ:65mm
ウエイト:ヘビーシンキング 8.5g
装着フック:新仕様「#8」赤

超ハイレスポンスミノー、蝦夷65Sのウエイト設定をチューン
ナップ。2gのウエイトアップと乱れのない優れた飛行姿勢により、
断トツの飛距離を実現。
アクション性能については蝦夷65Sのレスポンシブなヒラ打ちを
ベースとし、複雑な流れの中での安定性とレンジキープ力を強化。
ウエイトアップしながらも高い操縦性を手に入れ、ルアーにスレて
ズル賢くなった魚を釣るための細やかな誘いも可能です。
ターゲットは、大型化したスーパーヤマメ、そしてサクラマスや
アメマスといった遡上魚。そのためフックも「#8」を標準装着。
本流や渓流域の大場所で、間違いなく強力な武器となります。

来シーズンに向け、大物への夢が膨らみますね。
製作者のさらに突っ込んだ話をまた来週お届けいたします。

受注開始

025

背中のカラーリングを待つバルサミノー。
ボウイ50Sのニューカラーのひとつ、GYR。
パーマークの色彩だけでも魅力的ですが、背中に色が入れば
またガラッと雰囲気が変わりますね。どうぞお楽しみに。

さて、ボウイ50S、AMPとGYRの受注を開始いたしました。
基本的に受注生産となり、締切日(11月4日)までにご注文の
あった数を製作いたしますので、あらかじめご了承くださいませ。
現在、すでに製作が進んでおり、出来上がった在庫分から
順次納品いたします。発送開始は12月初旬予定です。
お問い合わせやご予約は各お取扱店まで、どうぞよろしく
お願いいたします。

ニューミノー

019
020

先日紹介したボウイ50Sのニューカラーとあわせ、ニューミノー
「蝦夷65SタイプⅡ」の受注も近々に開始いたします。
より大型のスーパーヤマメ、そしてサクラマスを始めとする遡上魚
を手にするための性能が凝縮した65mm、乞うご期待。

Bowie50S ニューカラー、まもなく受注開始

016

今シーズンも圧倒的な釣果を叩き出したボウイ50S。
年内の受注カラーはAMPとGYRの新色2種類となります。
完成品の写真も含めまして、詳細は後ほど改めて。
近日中に受注を開始いたしますのでよろしくお願いいたします。

また、現在様々な製品の発売の準備を進めており、なかには
開発途中のものもありますが、このオフシーズン中に順次紹介
してまいりますので、どうぞご期待くださいませ。