spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

発送中

06

蝦夷65Sファースト・タイプⅡおよび山夷68SタイプⅡ、
只今発送中です。
本流や大きめの渓流、あるいはフトコロのある大場所で
それぞれが特徴的な威力を発揮します。
前者は蝦夷ファーストモデル特有の強烈なフラッシングに
特化し、低速域でド派手なヒラ打ちを決めて大物の食い気を
刺激するセッティング。
対して後者は、山夷の真骨頂である流れに対する強さ、
ハイバランスな泳力を武器としながら、飛距離とレンジの
両面でさらに攻略範囲を拡大。複雑で押しの強い流れや、
大きなポイントを効率よくサーチする釣りに最適です。

本流の大物狙いにぜひ。

デリバリー

0

引き続き、渓流用蝦夷スプーン、鋭意製作・発送中です。
スプーンだからこそ、より効果的に攻め抜けるスポットが
確かにあります。泳ぎの性能に加え、蝦夷スプーンのサイズ
およびウエイトのバリエーションを駆使して、ぜひ奥深き
渓流を堪能してください。

1

このところずいぶんと渇水が進んでいた渓も、今日の雨で
だいぶ水かさが増し、川底も綺麗に洗われたことでしょう。
鉄砲水など、河川ごとの特徴を把握しながら急な増水には
くれぐれもお気をつけくださいませ。

更新のお知らせ

016

rod:Protomodel lure:Bowie 50S[BT]
angler:Hideki Ito

FROM FIELD 更新しました。

「野性へのこだわり」
http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=33#cms449

どうぞご覧くださいませ。

野性の結晶

angler:Hideki Ito
00

こういう魚が釣りたくて釣りをしているんだという伊藤の理想を
具現化した大ヤマメ、完璧なる野生。
とある渓で、10年の空白を経て再び出会った奇跡。

FROM FIELDにて、明日掲載いたします。
どうぞお楽しみに。

渓流を制する

013

お待たせいたしました蝦夷スプーン37/41、出来上がったカラーから
発送を開始しております。

■spec
37mm:3.0g/3.5g
41mm:4.0g/5.0g/7.0g

しっかりと水を噛んで、明確な操作感と共に派手なウォブリングを
生み出しながら、浮き上がりと回転を抑えた緻密なバランス設計。
スプーンの基本性能を凝縮した蝦夷スプーンの渓流モデル。
 
スプーンの威力、そして楽しさをぜひ味わってください。

発送中

010

渓流用インジェクションミノー、蝦夷50S、只今発送中です。
蝦夷ならではのアップストリームでのヒラ打ちのアピール力を
保持しながら、複雑な流れをきっちりトレースする安定性を両立。
変化に富んだ渓流を探る絶妙なサジ加減がここにあります。
無論、トゥイッチへのレスポンスも秀逸。アップからダウンまで、
立ち位置やポイントを選ばないハイバランスな操縦性が特長です。
水量が安定しない梅雨時期の渓流にもぜひ。

032

さて、今日は夏至。一年でいちばん昼が長く、夜が短い日。
朝駆けや夕駆けが楽しい季節でもあります。そして夏至を過ぎれば
本格的な夏の到来。渓流釣りも一気に盛期へ突入です。

EMISHI 50S 1st

015

アップストリームでありながら、滞流時間の長い派手なヒラ打ちを
決め、しっかりと時間を稼ぎながら渓魚を誘う蝦夷50Sファースト、
只今発送中です。
「アップストリーム」「ヒラ打ち」「シンキングミノー」そうした
現代の渓流ルアーフィッシングを語る上で欠くことのできない
キーワードを持ち込み、広く定着させた先駆者がこのファースト。

18

これからの季節、渇水に向かっていく渓でも使いやすいウエイト。
色褪せないファーストのヒラ打ちを駆使して、ぜひ初夏の釣りを
満喫してください。

BOWIE 50S

14

渓流シーズン盛期に向けて、ボウイ50Sも出来上がった分から
順次発送中でございます。
バルサミノーの常識を覆した飛距離とコントロール性能、そして
一匹一匹の魚の状況に応じて次々とギアチェンジ可能なヒラ打ち
アクション。加えて、絶妙なレンジキープ力。その性能の確かさは
言うまでもなく、これまで各地で積み上げてきた圧倒的な実績が
物語っています。
今期のカラーはAMPとGYRの2色。ご注文数になかなか製作が
追いつかず申し訳ございませんが、この唯一無二の性能で、どうぞ
今シーズンの渓流も思う存分楽しんでください。

ノースバック

08

現在、各ルアー、ロッドと併せまして、ノースバックの製作も
進行中で、随時発送作業を行っております。

ノースバックにつきましてはバックオーダーに製作が追いつかず、
新規のご注文をお受けできない状況が続いています。
受注に関するお問い合わせを多く頂いておりますが、ご要望に
お応えできず誠に申し訳ございません。
今後の受注や展開に関しましては未定ですが、何か決まり次第、
随時ウェブサイトにてお知らせいたします。
何卒ご了承くださいませ。

フレーム材の1枚1枚を削り出すところから鏡面仕上げまで、
全て雫石の自社工房で手掛けられるノースバック。
もちろん、修理・メンテナンスも承りますので、末永くご愛用
いただければ幸いです。

GW

014

ゴールデンウィーク中は暦通りのお休みとさせていただきます。
この期間中に頂いたメール及びFAXでのお問合せにつきましては
連休明けに順次返信させていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。