spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

79日目の桜

010

rod:Expert Custom EXC780MXL lure:Wood 85・18g[PG]

今年も喜ばしいお便りがあちこちから届いておりますが、
上の写真は岡山県在住、守屋寛さんが、通算にして79日目の
トライで遂に釣り上げた人生初のサクラマス。

「片道3時間かけて川に通うも何年もキャッチできず、心が
折れかかっていましたが、この釣行前日に届いたWOOD85が
その苦労を帳消しにしてくれました。ヒットしたサクラマスを
ランディングするまで、心のなかで、頼むからバレるな!と
叫んでいました。これでようやく肩が軽くなった気がします」

守屋さん、見事な初サクラ、おめでとうございます!
79日の積み重ねがこの魚の価値そのものだと思います。
きっと一生忘れられない魚になりましたね。
出会いたい魚が心にいる限り、やはり諦めたら駄目ですね。
初サクラを手にするまでの努力は終わりですが、その終わりは
始まりでもあります。これからまた一尾一尾、素敵な思い出を
刻んでいってください。
ご投稿ありがとうございました。
またのお便りをお待ちしております。

春渓

09

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Bowie 50S[HYM]

3月下旬の渓にしては見事なコンディション。すっかり野生の
パワーと俊敏性を取り戻した感じの春ヤマメ。
韓国在住のKangさんからの投稿です。
遊漁規則的ないわゆる「解禁」というのはありませんが、
あちらでも春の訪れと共に新しい渓流シーズンが始まります。
Kangさん、ありがとうございました。
今年もどうぞ楽しい釣りを!

13

さて、このところ続いた暖かさで、東京ではもう桜が
咲いたみたいですが、今日は寒の戻りで寒いですね。
冬のトンネルは抜けてもまだまだ油断できません。
くれぐれもご自愛くださいませ。

ひと月早く

08

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50SD[BS]

山口県在住、河村直弥さんからの投稿です。
地元の河川が9月一杯ではなく、8月一杯で禁漁になるそうで、
そのシーズン最終日、つまり8月31日の釣行で出たアマゴ。

「サツキマスシーズンは雨が多く、常に平水以上の好条件
でしたが、渓流にシフトしてからは一転雨が降らず渇水続き。
しかし最終日前に降ってくれた雨のお陰もあり、なんとか
気持ち良くシーズンを締めくくることができました。
増水した流れでは蝦夷ディープは手放せないルアーです」

河村さん、昨年は美しいサツキマスとアマゴのご投稿ありがとう
ございました。
他のフィールドからすると、ひと月早い閉幕なんですね。
まだまだ夏の気配たっぷりの魚で最終日の一尾というには
違和感がありますけど、良い締めくくりになりましたね。
今シーズンも朱点の可憐なお写真をお待ちしております。

Spring is here.

07

rod:Expert Custom EXC860MX lure:Emishi Spoon 65・24g[GYB]

3月1日、解禁日。サクラ咲き、春来たる。
釣り人は福島県在住のヒラキヒミさん。

「午前中は、対岸のランディングシーンや釣果情報に接して、
次は俺の番!と意気込むも、まったく反応なし。ポイント選定の
考え方を切り替えて、とあるポイントへ行ってみると先に誰かが
入った跡はありましたが、急流とトロの境目をスプーンでゆっくり
探り、誘いのテンポを変えながら同じラインをしつこくしつこく
引いていると、突然ひったくるようなアタリでヒット。
今年も、狂おしい春が始まりました」

ヒラキヒミさん、今シーズンの1本目、おめでとうございます。
解禁日から幸先よいスタートになりましたね。
待ちに待ったシーズン開幕、いつも終わってみればあっという間の
短さですが、ぜひ思う存分楽しんでください。昨年もたくさん
ご投稿いただきましたが、この勢いにのって2本目、3本目の
お便りをお待ちしております。

お気に入り

06

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[YMG]

岩手県在住、菊池涼さんより。昨年秋の投稿です。

「9月も終盤ということで、かなりシビアな釣りでしたが、
エキスパートカスタムにミッチェル309、そしてボウイという
私のお気に入りであり、また信頼の置ける道具達のおかげで、
秋らしい尺ヤマメを釣ることができました」

菊池さん、ありがとうございます。
大好きな道具を使って、愛すべき魚を釣る。これ以上の至福は
ありませんね。
今シーズンもどうぞこだわりある釣りを楽しんでください。
またの投稿をお待ちしております。

EZI

05

rod:Expert Custom EXC630LM lure:Emishi Spoon 41・7.0g[EZI]

北海道在住、山﨑和信さんからの投稿です。

「本日、時間があったので2017年の初釣り、アメマスを狙いに
行ってきました。深みのポイントで、ふわっと一度アメマスが姿を
現しましたが、バイトには至らず、姿を消してしまいました。
その後、反応がなくなり、別のポイントに移動しましたが、再度
アメマスが出たポイントに入り、蝦夷スプーンでしつこく誘いを
掛けると、ロッドに生命反応が! ショートバイトだったため、
バレないかヒヤヒヤしましたが、無事にネットに収めることが
できました。細身の魚体ながら、北海道の厳しい冬を乗り越えた
強い生命力を感じました」

山﨑さん、ありがとうございます。今シーズンはエゾイワナカラー
とアメマスの組み合わせでスタートですね。北の大地が育んだ野性
のトラウト達との出会い、今年もたくさんのご投稿を楽しみに
お待ちしております。

012

さて、蝦夷スプーン37/41(3.0~7.0g)の受注を開始しております。
お問合せは各お取扱店まで、どうぞよろしくお願いいたします。

弧を描く

12

rod:Expert Custom EXC860MX lure:Wood 85・14g[AU]

埼玉県在住、SKさんからの投稿です。

「瀬から続くトロ瀬、その対岸が岩盤の深いポイントで、
WOOD85の14gか18gで迷いましたが、この日すでに1本
釣っている14gのAUを選択し、またまた会えました。
1本目とは違う重さと、手前の速い流れに手こずりましたが、
前年は見ることができなかった弧を描くEXC860MXに惚れ惚れ
する余裕も出て、自画自賛のランディングでした」

SKさん、いつもありがとうございます。他にも数本サクラマスの
画像を送ってくださいましたが、この太さと体高は別物ですね。
絶好調と絶不調のシーズンを繰り返し、その荒々しい釣果の波を
嘆きつつマス釣りを心底楽しんでいるSKさん。
さて今シーズンはどうなりますでしょうか。
もちろん、歓喜の投稿をお待ちしております!

初釣り

011

rod:Expert Custom EXC510UL Limited edition
lure:Bowie 50S[BT]

東北の渓にやって来る春の使者、アメマス。
こちらは宮城県在住、熊さんからの投稿です。

「待ちに待った渓流解禁、今年もアメマス狙いで始まりました。
去年の大雨の影響か、川が変わって深い場所がずいぶん少なく
なっていました。朝はガイドやブーツのフェルトも凍るくらい
寒かったですが、この一匹のアメマスに心が温まりました」

熊さん、ありがとうございます。
サイズに関係なく、初釣りで久しぶりに味わう魚の躍動には
喜びが込み上げます。今シーズンも気持ちよく始まりましたね。
またの投稿をお待ちしております。

九頭竜

04

rod:Expert Custom EXC860MX lure:Wood 85・18g[RS]

今シーズンの初物投稿があちこちから届いています。こちらは
富山県の山本重雄さんが九頭竜川で釣り上げたサクラマス。

「前回の釣行の帰りに堤防から見えた、ちょっとした流れの変化を
思い出し、そのポイントに入ってみました。ようやくの初物です。
サイズはともかく、この最初の1本に苦労したぶん、自分的には
価値があり、また自信に繋がる魚となりました。これからどんどん
ハードな釣行が続きそうですが、楽しむことを忘れずに頑張りたい
と思います」

山本さん、今年の初サクラ、おめでとうございます。
何シーズンも続けていることとは言え、初物の嬉しさはひとしお
ですね。早春のサクラマスの凛とした美しさに見入ります。
またの投稿をお待ちしております。

78と51

03

rod:Expert Custom EXC780MX lure:Wood 85・14g[CT]

11

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[CT]

秋田県在住、田中佑弥さんからの投稿です。
一枚目は昨年4月、ナナハチでWOOD85を軽快に操作し、
スリットからおびき出した銀ピカの太い60オーバー。
雪シロ期の本流はなかなか撮影場所がなくて大変ですよね。
そして二枚目は5月、ゴーイチとボウイ50Sの組み合わせで
釣り上げた格好いい雄のサクラマス。
「緩い瀬から水深のある淵、さらにトロ場へと続くポイントを
ダウンクロスで釣り下って行くと、一瞬反応。すかさず2投目、
魚の目の前を通すイメージでターンさせ、軽くヒラを打たせると
ヒットしました。ライトタックルなので慎重に流心をかわし徐々に
魚との距離を詰めて無事キャッチすることができました」
田中さん、ありがとうございます。
他にも本流支流問わずサクラマスの釣果写真をご投稿くださり、
昨年は本当によいサクラシーズンになりましたね!

2

さてさて今シーズンはどうなりますか。すでに今年のサクラ投稿も
届いていますし、渓流も解禁しました。
皆さん、どうぞ楽しい週末を!