spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

雪シロのド本流

angler:Hideki Ito
イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,サクラマス,スプーン,R-CROSS,新商品

rod:Protomodel lure:R-CROSS

2018年のマス釣りは、この新たなスプーンと共に幕を開けます。

写真は今年の春先、雪シロを含んでさらに押しの強まったド本流で
伊藤秀輝が手にしたサクラマス。
武器は来期のニューアイテム、R-CROSS。(近日、受注開始)

秋田県のサクラマス解禁が4月1日に早まり、来年で4シーズン目
を迎えますが、多くのアングラーが攻めあぐむ雪シロ攻略のため、
タフなフィールドでテストにテストを重ね、遂に完成へ辿り着いた
新型スプーンがR-CROSSです。
ミノーのような操作感とキレのあるウォブンロールで、雪シロ期の
押しの強い流れの中でも決して浮き上がらず、回転を抑えながら
完璧に泳ぎ切ります。
またR-CROSSの泳ぎは、雪シロ期のみならず、流速のある瀬や
トロの分厚い流れ込みにおいても威力を発揮します。
加えて細身のシルエットとブレない飛行姿勢により、大本流を
攻め抜く圧倒的飛距離も兼備。

R-CROSSが、マス釣りの楽しさと可能性をさらに大きく広げます。

マス釣りの新たな武器

angler:Daisuke Ito
イトウクラフト,itocraft,伊藤大祐,サクラマス,スプーン,R-CROSS,新商品

rod:Protomodel lure:R-CROSS

2017シーズン、伊藤大祐が釣り上げたサクラマスの1本。
釣行の模様はまた後ほどレポートいたしますが、春らしく、
まばゆい輝きとでっぷりと太った魚体が魅力的です。

ルアーはかねてより開発中だった、雪シロ期の分厚く押しの強い
流れを得意とする新型スプーン。
その名は「R-CROSS」。
新たなサクラシーズンに向け、間もなく受注を開始いたします。

遂に完成したその性能、デザイン、カラーチャートなど、詳細は
改めてご案内させていただきます。
どうぞご期待くださいませ。

個性を巡る

angler:Hayato Ozawa

itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ

rod:Expert Custom EXC510PUL lure:Bowie 50S[AMP]

「夏頃までは、ほんっとに厳しくて、尺を釣るのもめちゃくちゃ
難しかった」と振り返りつつ、終わってみれば小沢さんの手には、
今シーズンも素晴らしいアマゴ達が収まったのでした。
 

itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S 1st Type-Ⅱ[YTS]

たった一瞬の隙が魚との距離を大きく遠ざけてしまう状況だから、
絶対の信頼が置ける道具が必要不可欠。
 

itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50S 1st[YTS]

長野の地元で様々な川を釣り歩き、その川ごとの個性を色濃く
発したアマゴが見たい。それが、居着きの魚を狙う大きな理由の
ひとつです。
今シーズン、その中でも特に小沢さんの心に焼き付いた一尾が
鮮やかなオレンジを身にまとった、いかつい雄。
「本流とは完全に隔絶された水域で、サイズ的にはマックスに
近いと思うし、何よりこの野性味と色合いの美しさに感動したよ」
詳しくは後ほどFROM FIELDで…。

閉幕

angler:Hideki Ito

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,大ヤマメ,ボウイ,bowie

2017シーズンも、本日の日没をもって幕を閉じました。
以下に掲載した写真は、今シーズン、いくつもの山河を
渡り歩いて伊藤が手にしたヤマメ達で、その中でもとりわけ
印象深い魚達です。

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,大ヤマメ,ボウイ,bowie

rod:Protomodel lure:Bowie 50S[AU]

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,大ヤマメ,ボウイ,bowie

rod:Protomodel lure:New Balsa Minnow[proto]

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,大ヤマメ,ボウイ,bowie

rod:Protomodel lure:New Injection Minnow[proto]

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,大ヤマメ,ボウイ,bowie

rod:Protomodel lure:Bowie 50S[AU]

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,大ヤマメ,ボウイ,bowie

rod:Protomodel lure:Bowie 50S[WP]

コメント=伊藤秀輝

「今シーズンは例年以上に雨の影響が大きく、釣りのできない日も
多かったせいか、本当にあっという間のシーズンでしたね。
河川環境は台風や豪雨による災害に非常にデリケートで、自然災害
が多発している近年は自然の回復力が追いつかないフィールドも
少なくありません。そんな中でもこうした魚達に出会わせてくれた
自然のフトコロの深さには、大げさではなく畏敬の念を抱きます。

そしてまた、本年度の釣果を支えてくれた大きな要素のひとつが、
やはり道具達です。
来シーズンに向けて開発中のニューアイテムについてはまた改めて
紹介いたしますが、必ずや皆さんの釣りに、よりいっそうの楽しさ
と素晴らしい出会いをもたらすものと確信しています。

毎年10月になると、松尾芭蕉の『夏草や兵どもが夢の跡』という
俳句が頭に浮かびます。
誰と戦うわけでもありませんが、自分自身の夢とプライドを賭けて
今シーズンも完全燃焼できたことに幸せを感じています。
明日からオフに入り、まずはホッと一息ですね。
皆さん、今シーズンもお疲れ様でした!」

新型

angler:Daisuke Ito

イトウクラフト,伊藤大祐,ニューモデル,バルサ,itocraft

とことん実戦でのテストを重ねている新型バルサミノーを手に、
今シーズンは多くの休日を動画撮影に費やした伊藤大祐。
このオフ中に動画も含め新商品の詳細をご案内いたしますので、
どうぞお楽しみに。

イトウクラフト,伊藤大祐,ニューモデル,バルサ,itocraft

rod:Protomodel lure:New Injection Minnow[proto]

いかつさ、フォルム、色彩、そして何と言っても鮮やかに浮かぶ
パーマーク。この唖然とするほど見事な大ヤマメが口を使ったのは
新型インジェクションミノーのプロト。

「さらなる進化を求めて、インジェクションの全く新しい次元に
挑戦するミノーです」
こちらもぜひご期待くださいませ。

さて、今年の渓流釣りも明日を残すばかりとなりましたね。
出掛けられる方は、最後の一日、どうぞ楽しい釣りを!

虎山女魚

angler:Hideki Ito

itocraft,イトウクラフト,伊藤秀輝,ボウイ,ヤマメ

ジンクリアの渓谷に生まれ育った尺上の雄。
著しく盛り上がった背中に引っ張られるように、パーマークが
縦に伸びている、伊藤が虎ヤマメと呼ぶ希少なタイプの個体。

「この顔付きとセッパリの虎模様に感動するね。
山岳渓流の猛者の迫力だよなぁ…」と伊藤もココロから満足気。

渓流ファンにとっては、まさに直球ど真ん中のヤマメですね。

12

暑い日の多い9月でしたが、ここへ来てようやく山の空気も
秋らしく冷え込んできました。
さて、2017年の渓流シーズンも残すところ1週間。
最後のドラマを夢見て、はたまた渓谷の豊かな自然に癒されに、
それぞれの締めくくり釣行をどうぞ楽しんでください。

タイプ

angler:Hayato Ozawa

itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ,エキスパートカスタム,ボウイ,Bowie,EXC
itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ,エキスパートカスタム,ボウイ,Bowie,EXC

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[HYM]

格好いい顔付きの尺アマゴ。狭い棲息範囲の中で、あらゆる
危険から逃れ生き残った居着きの個体です。
小沢さんいわく「この川は昔、遡上タイプの個体もいて、今も
その血筋を感じさせるアマゴが棲んでる。この魚もそう」
顔の大きさや魚体のシルエット、ヒレのバランスなどを見れば
確かに居着きタイプだけれど、パーマークや体色は薄い。
「ここのアマゴの特徴だよ」
 
 
itocraft,イトウクラフト,小沢勇人,アマゴ,エキスパートカスタム,ボウイ,Bowie,EXC

rod:Expert Custom EXC510PUL lure:Bowie 50S[YMG]

また別の日、別の川で釣り上げた一尾。下流の大きな懐で成長し、
遡上してきた個体。
「こっちは生活スタイル的には完全に遡上タイプだけど、アマゴの
血が濃いためにパーマークがくっきり浮かんだ個体」とのこと。

環境や魚の系統、様々な要素が絡み合いそれが個性となって魚体に
現れる渓魚達。彼らの姿に目を凝らし、思いを巡らせる。
そうやって川を歩き、魚達との出会いを楽しめるのもあと半月。
時が過ぎ去る速さに何より驚きます。
 
 
22

さて、明日から連休という方も多いと思います。
大好きな川で、大好きな魚と遊べれば最高です。
台風の影響が心配ですが、もちろん安全第一で、
皆さんどうぞ良い休日を!

季節の進度

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ

angler:Hideki Ito

すっと鼻先が伸び、精悍さを増してきた雄のヤマメ。
ただ何センチの魚を釣ったということだけじゃなく、
例えばヤマメの顔付きや色彩の艶やかさに、季節の
絶え間ない移ろいを感じることも僕ら釣り人にとって
掛け替えのない幸せです。

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ

rod & lure:Protomodel

淡い琥珀色と乳白色の下地に、まるで蛍光塗料を吹いたような
華やかな秋色が目を引く個体。
来シーズンに向け、ロッド、ルアー、様々なニューアイテムの
テストを重ねる中で、伊藤が釣り上げた美しい尺ヤマメ。
シビアな感性と手強い魚が、道具の性能を限界まで磨く。

他にも紹介したい魚達がSDカードに収まっておりますので、
のちほど改めて…。

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ

朝方は薄手のフリースを着込んでの釣りでしたが、太陽が顔を
出すと日中は思いのほか暑くなるここ最近。
一気に秋めいてきたかと思えばちょっと季節が足踏み状態。
相変わらずリズムの掴みにくい天候が続きますね。

イトウクラフト,itocraft,伊藤秀輝,ヤマメ,ウェーダー

現在開発中のゴアテックス・ウェーダーも、運動性能と耐久性の
完璧な両立を図り、細部の仕様まで詰めながらハードにテストを
繰り返しています。こちらも乞うご期待であります。

5

毎年9月はいくら時間があっても足りませんね。
今シーズンの渓流も残された週末はあと4回。
さてさて、どんなドラマが待っているのでしょうか。
皆さん、どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいませ。

夏渓

angler:Daisuke Ito
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

美しい夏ヤマメを目当てに、伊藤大祐と共にとある渓谷へ。
朝方は空を覆っていた雲もすぐに霧散し、夏の強い陽射しが
照りつける谷底でふと視線を河原の砂地に向けると、たぶん
昨日今日付けられたんだろう足跡が…。
まあ、週末だし、人の入らない場所なんて今やないわけで、
ポジティブに、むしろ釣り人はシビアな状況と手強い魚に
嬉々として釣り上っていく。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

岸から枝葉を伸ばす広葉樹が川の所々にシェードを作っている。
思わずゴクリと唾を飲み込むポイントが点在するも、そんな
いかにもな淵やシェードに入っているヤマメは一様にスレていて、
あからさまにヤル気がない。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

rod & lure:Protomodel

速いペースの中で丁寧に且つ様々なヒラ打ちを講じる。繊細な
釣りを通す大祐の手に収まった、綺麗な夏のヤマメ。ルアーは
ここ数年、小渓流用に性能を煮詰めてきた新型バルサミノー。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

釣って放すだけじゃもったいない。たまには一息、いや二息も
ついてマジマジとヤマメを鑑賞。大物じゃなくとも、その繊細な
美しさに目を奪われます。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

これもいいヤマメ。魚の数は多くなく、川のポテンシャル的に
サイズもこの辺りが良いところ。コンディションはみな抜群、
何よりスレッカラシとの駆け引きが楽しい。
撮影を始めるたびに、猛烈な勢いで物凄い数のアブが出現するも、
鮮やかなピカピカの夏ヤマメに僕らはもちろんニッコリ。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

この日、カメラのファインダーを覗いてもっとも興奮した一尾。
個性的で鮮明なパーマークと完璧な色艶、そしてこの健康的な
太さ。流れる清冽な水とのコントラストも最高に美しく、ひと目で
心をぐわっと鷲掴みにされた気分です。
周囲の山の素晴らしさをそのまま表しているようなヤマメの姿に、
やっぱり豊かな森の環境があってこそのヤマメだよなぁ…と
改めて実感。
 
 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤大祐

メッシュベスト必須のジリジリとした暑さ、そしてアブの猛攻。
それも含めて盛夏の渓流釣りですね。
今しか楽しめない釣りを、思う存分堪能しましょう。
明日から夏休みという方も多いと思います。突発的な大雨による
急な増水、はたまた熱中症などにはくれぐれもお気をつけの上、
皆さん、どうぞ楽しい休日をお過ごしください。

梅雨の晴れ間に

梅雨とは名ばかりの空梅雨ですが、川辺にはこの時期の風物詩、
ガクアジサイの花が可憐に咲いています。
体感季節は盛夏そのもの。毎年言っているような気がしますが、
とにかく暑い日が多いですね。
何でも昨年は、世界の年平均気温が過去最高値を記録。
しかも3年連続で更新中なんだとか。
日本の生態系も亜熱帯化しつつあり、例えばデング熱を媒介する
ヒトスジシマカも関東が北限と言われていましたが、温暖化に
乗じて今では岩手でも定着が確認されています。

 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤秀輝

rod:Protomodel lure:Emishi 50S[YMO]
angler:Hideki Ito

毎年ながらそんな暑さを一瞬で吹き飛ばしてくれるのは、やっぱり
愛すべき美しい渓魚達です。
この日も伊藤が釣り上げたヤマメ達の佇まいに、心底癒され、
なかでも一番脳裏に深く焼き付いたヤマメが写真の一尾。
頬から体側を伝って尾ビレまで、華やかな朱色が浮かんでいます。
この季節のヤマメは本当にしとやか。

 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤秀輝

背中にまで透けるように浮かんだパーマーク。
いいヤマメは見飽きるということがないし、サイズに関わらず
いつまでもファインダーを覗きこんでいたい。
この時ばかりは時間も暑さも忘れます。

 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤秀輝

メインに使ったルアーは蝦夷50S。レスポンス良くヒラを打ち、
複雑な流れに対してもコケずに長く留まりながら誘いを演出。
立ち位置やポイントを選ばず、釣りのテンポを崩すことなく
狙い通りの攻めが展開可能。まさしく渓流のスタンダードです。

 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤秀輝

シャープな弾道で、ミノーが次々とピンスポットへ吸い込まれる。
コンパクトでいて、よどみのない流れるようなキャスト。
暑いからといって集中を切らすことはもちろんナシ。
だからこそ、魚達が応えてくれます。

 
イトウクラフト,itocraft,ヤマメ,伊藤秀輝

さて、渓流もいよいよハイシーズン。暑さにも渇水にもアブにも
負けず、良き出会いを求め、山河を駆け巡りましょう。
明日から3連休という方も多いと思います。
皆さん、どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいませ。