spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

梅雨の晴れ間に

12

梅雨とは名ばかりの空梅雨ですが、川辺にはこの時期の風物詩、
ガクアジサイの花が可憐に咲いています。
体感季節は盛夏そのもの。毎年言っているような気がしますが、
とにかく暑い日が多いですね。
何でも昨年は、世界の年平均気温が過去最高値を記録。
しかも3年連続で更新中なんだとか。
日本の生態系も亜熱帯化しつつあり、例えばデング熱を媒介する
ヒトスジシマカも関東が北限と言われていましたが、温暖化に
乗じて今では岩手でも定着が確認されています。

 
2

rod:Protomodel lure:Emishi 50S[YMO]
angler:Hideki Ito

毎年ながらそんな暑さを一瞬で吹き飛ばしてくれるのは、やっぱり
愛すべき美しい渓魚達です。
この日も伊藤が釣り上げたヤマメ達の佇まいに、心底癒され、
なかでも一番脳裏に深く焼き付いたヤマメが写真の一尾。
頬から体側を伝って尾ビレまで、華やかな朱色が浮かんでいます。
この季節のヤマメは本当にしとやか。

 
3

背中にまで透けるように浮かんだパーマーク。
いいヤマメは見飽きるということがないし、サイズに関わらず
いつまでもファインダーを覗きこんでいたい。
この時ばかりは時間も暑さも忘れます。

 
4

メインに使ったルアーは蝦夷50S。レスポンス良くヒラを打ち、
複雑な流れに対してもコケずに長く留まりながら誘いを演出。
立ち位置やポイントを選ばず、釣りのテンポを崩すことなく
狙い通りの攻めが展開可能。まさしく渓流のスタンダードです。

 
5

シャープな弾道で、ミノーが次々とピンスポットへ吸い込まれる。
コンパクトでいて、よどみのない流れるようなキャスト。
暑いからといって集中を切らすことはもちろんナシ。
だからこそ、魚達が応えてくれます。

 
6

さて、渓流もいよいよハイシーズン。暑さにも渇水にもアブにも
負けず、良き出会いを求め、山河を駆け巡りましょう。
明日から3連休という方も多いと思います。
皆さん、どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいませ。

一期一会

02

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[AMP]
angler:Hayato Ozawa

小沢勇人が釣り上げた遡上タイプのアマゴ、雄の34cm。
体高のある素晴らしいプロポーションが目を引きます。

今年釣った魚の、子孫や同じ系統の魚達とまた来年出会えるとは
限らない今の時代。乱獲や放流の問題、あるいは生息環境の悪化や
自然災害などによって、馴染みの魚がその数を減らしたり、または
姿を消しつつある悲しい現実を釣り人は肌で感じています。
小沢が長年途切れることなく出会ってきた、この地元河川の
遡上アマゴも例に漏れません。

「年を追うごとに個体数が減ってきて、特に今年はひどかったよ。
遡上期も遅くて、とにかく魚の数が少なすぎる。魚体の太さから
見ると遡上してそんなに時間は経ってないけど、ここまで婚姻色が
出た状態で上ってきた個体は初めて見た。
こういう時代だからこそ、一期一会の出会いを大事にすると共に、
こうして釣り人が現場で感じてることや経験をこの先も魚を残して
いくことに生かしていかなきゃいけないよね」

アップストリーム

13

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi Spoon 37・3.5g[GUG]
angler:Daisuke Ito

昨日の日曜日、お気に入りの渓流で姿を見せてくれたのは、
薄っすらとオレンジを浮かべた雄の尺ヤマメ。

アップストリームで放った蝦夷スプーン3.5gにトゥイッチで
息を吹き込む。水流に噛ませて止めて、尻を振らせる…を
リズミカルに細かく連続させ、アップでありながらゆっくり長く
見せて誘う。そして、追ってきたヤマメの姿を見ながらさらに
誘いを掛け、狙い通りの食わせのタイミングで口を使わせる。

「ヤマメとの一瞬の駆け引き、やっぱり楽しいなぁ」

21

夏を前にして背中の厚みも十分、素晴らしいプロポーション。
色艶も最高です。

31

山の新緑も濃さを増し、いよいよ渓流にどっぷり浸かる季節が
やって来ました!

ランドロック

041
011

angler:Katsutoshi Yoshikawa

冷たい湖水に磨かれた、美しく、そして屈強な鋼の魚体。
昨年春、吉川さんが手にした陸封型サクラマス。
溜め息の出るような見事な太さと体高。

012
013

rod:Expert Custom EXC730ML lure:Emishi Spoon 52・12.0g[SBY]

古くから足を運ぶ湖ですが、「コレが釣りたくて来てるんだよね」
という吉川さんの思い描くとおりのスタイルを備えた1本が、
蝦夷スプーンを3時間ほどキャストしたところにドンッ!と
ヒットしたのでした。
ロッドは湖を軽快に釣るための最適解、EXC730ML。
軽くてシャープ、そしてもちろん大型魚のパワーを無理なく
溜める粘りも特筆もの。

031
032

渓流に本流そして湖と、東北の鱒釣りも新たなシーズンが
もうすぐ幕を開けます。
北国の寒さはまだ続きますが、フィールドを駆け回る日々が
待ち遠しい今日この頃です。

山からの贈りもの

07
08

rod:Expert Custom EXC510PUL lure:Bowie 50S[HYM]
angler:Hayato Ozawa

9月下旬、小沢さんが釣り上げた、いかつい雄アマゴ。山深い
急峻な谷に棲息している居着きの天然種。環境の厳しさを考えると
34cmというサイズも見事ですが、何よりその野性味溢れる姿に
いたく感動したのでした。
詳しくは後ほどFROM FIELDで掲載いたします。

1
11

そして。
追い求める本アマゴを手にした後は、毎年秋のもうひとつの
楽しみ、マツタケを探しに。
赤松ではなく栂(ツガ)や米栂の林に生えるこの栂マツタケは、
より歯応えが良く、しかも大型になる傾向があります。
「例年だと8月頭位から出始めるんだけど、今年は雨が多くて
気温も高いから、虫が入っちゃってるのが多かったな」
この日はアマゴに続き、素晴らしい山からの贈り物が…。

021
022

採れたての立派な栂マツタケがノースバックに…。
「マツタケも、ただ長いだけじゃなく、太くて頭のでかいやつを
採りたいとか、そのあたりの感覚が魚釣りと似てるんだよね。
釣りのついでにこれだけ採れれば上出来」

秋の深山を思う存分堪能した最高の一日。
マツタケの幸福な香りがこちらまで届いてきますね。

閉幕

038
039
00

The end of 2016 season.

0110
0111

rod:Expert Custom EXC560ULX
lure:Emishi 65S Type-Ⅱ[Proto]NEW!

0210
0211

rod:Expert Custom EXC560ULX
lure:Emishi 65S Type-Ⅱ[Proto]NEW!

0310
0311

rod:Protomodel
lure:Bowie 50S[GG]

041
042

rod:Protomodel
lure:Bowie 50S[AU]

angler:Hideki Ito

「皆さん、お疲れ様でした! 今日で今年の渓流シーズンも幕を
閉じました。今シーズンも各地から多くの釣果投稿をいただき、
誠にありがとうございました。
ここ数年、普段の生活や人命をも脅かす自然災害が多発しており、
私達釣り人にとって掛け替えのないフィールドも、激しく姿を
変えています。大好きだった川が壊れ、魚もすっかり減って
しまったという悲しい経験は多くの方が持っていることと思います。
しかし私達は、自然の持つ恐ろしさだけではなく、それ以上に
自然の壮大な魅力も感じることができます。一度川が崩壊しても、
そこには生き物達の種を繋ごうとする本能の力強さを見ることが
できます。
もちろん、私達を感動させてくれる野生の魚達は今も息づいている
ことでしょう。
来シーズンも、皆さんと一緒に素晴らしい出会いを追い求め、
美しい山河を歩き、ロッドを振り続けたいと思います」
 
 
 
ここに掲載した写真の他にも、各新製品でいい魚がたくさん釣り
上げられています。後ほど動画もまじえて詳しく紹介いたします。
どうぞお楽しみに。

Craftsmanship

035
036
037

rod:Protomodel lure:Bowie 50S[HYM]
angler:Daisuke Ito

「2016年の渓流は、新しいロッド、新しいミノーの試作とテスト
に明け暮れたシーズンでした。毎年そうですけど、現行アイテムの
モノ作りに追われながら、今年は特に新製品の設計に時間を割き、
週末は川をがんがん歩いて、いろんな渓相、流れでたくさんの魚の
反応を細かく見て、そして実際にヒットさせて、それぞれの性能を
追求し続けました。
そんな釣行の中で今年も様々な魅力を持つ魚達に出会えましたが、
特に写真のヤマメは驚きと共に深く印象に残る魚体でした。
こういう系統がこれからも川に残り続けるよう祈っています。
この一尾を通して、改めてヤマメの魅力にとりつかれました」

19
110

「相変わらずプロトから製品化まで恐ろしく時間が掛かっており
申し訳ない思いもありつつ、来シーズン、新たな道具が加わって、
皆様に今まで以上に素晴らしい魚との出会いを楽しんで頂けるよう
妥協することなく頑張ってまいります」

ニューアイテムの詳細や各釣行の模様はまた後ほど…。
どうぞお楽しみに!

自然の恵み

033
034

時が過ぎるのはあっという間、この9月ももう最終週ですが、
日中はまだ夏の暑さを引きずり、本格的な秋の訪れは足踏み状態。
今年は山栗が落ちるのも遅いですもんね。

18

rod:Protomodel lure:Bowie 50S[HYM]
angler:Hideki Ito

季節は留まっていても時間は止まらず、禁漁に向かって絶えず
秒針は進み続けます。上の魚はそんな差し迫った最終盤の渓で
釣り上げた大ヤマメ。魚体の写真はまた後ほど紹介いたしますが、
この日はもうひとつの、大きな自然の恵みと出会うことに。
ヤマメの撮影を終えた帰路のことでした。
「そうだ、あの木の所に寄っていくか!」と伊藤。
以前、そこでそれはそれは立派な天然マイタケを見つけて以来、
毎年秋が深まると必ず足を運んでいる大木があり、あのへんは
秋が早いから出てるかも…という勘のもと向かってみることに。

22
23

すると読みは的中。ドッシリとした大きなマイタケがそこに…!
見つけると舞い踊ってしまうほど嬉しい、という名の由来は
決して大げさな話じゃないなと思います。

3
31

もちろん香りも素晴らしいです。
「川の恵みと山の恵み、しかも特別見事なものに出会えて、
今日はココロの底から自然に感謝だね」

4
41

さて、今年の渓流も幕が閉じるまであと少し。
最後の釣行を計画されている方は、ぜひ最後の一振りまで
楽しんでください。

秋支度

02
03

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 50SD[YMO]
angler:Hayato Ozawa

少しずつ秋めいてきた今日この頃。
「この川は特に秋が早いんだよね」と言う小沢勇人。写真の
雄アマゴも薄っすらと色づき、秋の装いをまとい始めています。
「毎年いい魚が着くポイントなんだけど、それだけに他の釣り人
も通い詰めてるから魚はもう常にスレてる」
落ち込み下の深く掘れたポイントで、水深は1m20cmほど。
落ち込みの流れが大きな岩にぶつかって流れ出す、その岩の下の
エグレが魚の隠れ家になっている。警戒している分、そこから
長い距離を追わせるのは難しい。
だから選んだルアーは、蝦夷50シンキングディープ。

1
11

「小さめの渓流でも、こういうピンスポットを攻めるために
このルアーはほんと欠かせない」
数々の危険を掻い潜ってきた居着きのアマゴも、テリトリー内で
激しくヒラを打つディープに思わず口を使ったのでした。
顔がいかつく、体高も見事。サイズは35cm。

2
21

今シーズンも残りひと月、いよいよ佳境ですね。
蝦夷50SDは来週中の出荷を予定しています。
台風被害など危険や不安も多いですが、安全最優先で楽しみましょう。

夏山女魚

013

rod:Protomodel lure:Emishi 50S 1st Type-Ⅱ[AU]
angler:Hideki Ito

夏ヤマメ一里一尾、という言葉がありますが、こんなヤマメを
釣るためなら一里の距離ぐらい望むところです。
蝦夷ファーストモデル特有の派手なフラッシングに反応した、
美しくそしてたくましい幅広の尺上。

022

狂ったように猛攻撃を仕掛けてくるアブの存在も、こういう
いい魚を撮影している時だけは気になりません。
この他にも魅力的な夏のヤマメ達が写真に収まっておりますので
詳しくはまた後ほど…。

032

暦の上では立秋を過ぎましたが、暑さはまだまだ続きそうです。
今年は9月の残暑も厳しいとか。
「今時期からは当然魚も神経質になってるし、決まっていい魚を
釣った時に思うのは、正確であること、丁寧であること、そして
冷静であること、すなわち集中力の重要性。雑に釣っていたら
まず難しいよね」
酷暑の中でもその集中力を維持させてくれるのが、タックルの
性能であり、身に付けるもの全ての快適さです。
もちろん、自らの長い経験を詰め込んだこのメッシュベストも
伊藤にとって重要な必需品のひとつ。
熱や湿気の放出性に優れ、且つ軽量で動きやすいメッシュベストは
どの季節においても大きなメリットを生み、じっさい伊藤は
シーズン通してメッシュベストを愛用していますが、特に暑くて
たまらない今の季節は欠かせませんね。

041

さて、明日から夏休みという方も多いと思います。
くれぐれも熱中症には気をつけて、水分・塩分そして睡眠を
しっかり取って、どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいませ。