spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

First

FROM FIELD 更新しました。

イトウクラフト

rodExpert Custom EXC510ULX lureEmishi 50S 1st

anglerKatsutoshi Yoshikawa

 

「深淵の底からヤマメが湧いた理由」

今から10年前、高瀬川が沸騰した。吉川勝利がアップストリームで

投げ込んだミノーについて。

http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=9#cms324

 

どうぞご覧くださいませ。

もうすぐ

img_6235

薄っすらとピンクを浮かべた6月のサクラマス。

今年もいよいよですね。

 

img_6018

気付いてみればあとちょっとで5月も終わり、

金曜日は61日であります。

そう、秋田県のサクラマス解禁であります。

蓋を開けてみなければわからないからこそ、

いつまでたっても僕らはこの日が楽しみなのです。

 

img_5921

rodExpert Custom EXC820MX lureWood8514gBB

 

こちらは昨年の秋田解禁日、佐藤浩二さんが釣り上げたサクラマス。

「瀬の上流のプールにて、カケアガリでヒラを打たせたWOOD85

食ってきました。ブルーバック信者ですが、これでよりいっそう信頼

が深まりました」

 

  

p6020526

rodExpert Custom EXC780MX lureWood8514g,18g

 

そしてこちらは昨年の秋田解禁2日目、二本のサクラマスに恵まれた

小原真さん。「飛距離、レンジ、そして泳ぎ、WOOD85でなければ

あの激戦ポイントでは絶対に釣れなかったと思います」

 

お二方、ご投稿ありがとうございました。

今年も頑張りましょうね!

初夏です

イトウクラフト

徐々に緑も濃くなってきましたね。渓谷の爽やかな空気に

身を預けたくなる季節です。

 

 

イトウクラフト

 

無性に可愛らしく思えて写真を撮った小さな葉っぱの集まり。

よく見ると、とても複雑で、面白い自然の造形美。

 

 

イトウクラフト

rodExpert Custom EXC630LM lureEmishi 65S 1st Type-Ⅱ[CT

 

こちらは熊崎亮さんからの投稿です。

 

2012.5.24

「絶不調が囁かれる地元河川ですが、ひたすら藪こぎした果てに

ガツッ!とヒット。瀬の開きをアップクロスで流して、ターンして

からのダウンで来ました。このプラグひとつで、本流のアップから

ダウンまでしっかり対応できますね」

 

今シーズン初の尺ものにニンマリ。今年の新アイテム、65ファースト

タイプⅡがさっそく活躍しましたね。あの強烈なフラッシングは操作

しているだけで楽しくなりますし、もちろん魚の食い気を刺激する

能力も半端じゃないです。

熊崎さん、ありがとうございました。

またの投稿をお待ちしております。

神通鱒

img_0858

山も渓流も徐々に賑やかになってきましたが、投稿の方は

やはりまだサクラマスの割合が多いですね。

皆さん、ありがとうございます。

 

p5170953

 

rodExpert Custom EXC860MX lureYamai 95SCT

 

こちらは富山県在住、余川孝士さんからの投稿です。

 

2012.5.17

「初めまして。今年は神通川に当選し、EXC860MXをメインロッド

として使っています。写真のサクラマスは、リトリーブしてると一瞬

ラインのテンションが抜ける流れがあり、そこで1回トゥイッチを入れて

リトリーブせずに流すと押さえ込むようなアタリがありヒットしました。

ロッドのパワーで難なく寄せることができ、無事ランディング出来たのは

いい顔付きをした雄のサクラマスでした」

 

WOOD85の釣果もたくさん頂いてますが、山夷95もやっぱり根強い

人気がありますね。

余川さん、ありがとうございました。

またの投稿をお待ちしております。

Go to Cast.

イトウクラフトanglerKunihiko Kikuchi

 

 

FROM FIELD 更新しました。

今回は「渓流のスタンダード」と題しまして、EXC510UL

蝦夷50Sを使った晩夏のヤマメ釣り。菊池久仁彦の緻密な釣り

を支えるロッドとルアーの性能について。

http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=20#cms323

 

どうぞご覧くださいませ。

img_0773

山菜採りのついでにちょっと楽しみにしていたシラネアオイも、

まだ蕾のものがほとんどでした。ザンネン。

でも、なんだか蕾もこれはこれできれいですね。

 

0013

rodExpert Custom EXC730ML

lureWood 8514g , Yamai 68S Type-

 

こちらは京都府在住、大谷昌司さんからの投稿です。
見事サツキの花を咲かせました。

 

2012.5.21

「金環日食のこの日、魚にも好影響があるかも!なんて都合のいい理由を

つけて川に向かいました。すると、なんと開始早々3投目でサツキマスが

釣れ、その後も2匹追加。もとより日食は見れない地域だったので気付けば
その時も過ぎていましたが、何かにつけてポジティブ
シンキングは大切ですね(笑)」

 

大谷さん、ありがとうございます。

太さのあるいいサツキマスを釣りましたね。やっぱり川に立たないと何も

始まりませんね。何事もポジティブに。

またの投稿をお待ちしております。

 

 

◎メールでお問い合わせの方へ

こちらからの返信メールが、迷惑メール対策等の設定により届かないケース

がございます。返信がない場合はメールの受信設定をご確認くださいませ。

岩魚と山菜

img_0856

川も山も季節がおかしい2012年の春ですが、そろそろいいのでは…

ということで土曜日は山菜採りへ。案内してくれたのは雫石の山を

知り尽くす大和さん。もちろんザックにはパックロッドをくくりつけ、

沢住まいの端正なイワナも写真に収めようという腹積もり。

 

img_1047

雪塊と新緑でうずまった谷。

とりわけ今年は雪渓の大きさが半端じゃないですね。

 

img_0928

聞けばこの谷で釣れるのは限りなくネイティブに近いイワナ。

 

img_1032

いつもの年なら山菜シーズンも終盤の時期ですが、この日最初に入った

沢筋はシドケも小さくまだ早い様子。今年はやっぱり遅れてるんですね。

それでも、すぐに沢を変えるとみるみる内に大和さんのビニール袋は

パンパンに。さすがは雫石の山で育った山人。お手のものです。

 

img_1137

相変わらず大和さんの採る山菜は美味しそう。

春渓を楽しむ山人、美しいイワナ、そして瑞々しい山菜、写真もいっぱい

撮りましたので、また改めてご紹介したいと思います。

 

img_1113

この一本のために

0012

どの季節にも美しい景色がありますが、過ごしやすい気候も含めて

考えると、今が一番釣りをしてて気分のいい季節かもしれませんね。

そんな釣り場の爽やかな空気が伝わってくる素晴らしい写真。

山形県在住、大谷武さんからの投稿です。

 

0021

rodExpert Custom EXC820MX lureWood 8518gYMP

 

2012.5

「今シーズンの赤川は、私が櫻鱒を追い求めるようになってから20数年、

過去記憶にないほど遡上数が少なく、この一本にたどり着くまでたいへん

苦労しました。WOOD85を信じ抜き、投げ続け、本当に良かったです」

 

003

今年は厳しい厳しいと聞いていましたが、この魚を手にするまでの時間と

努力が遂に報われましたね。本当におめでとうございます。

こんな清々しい写真の背後にあるのは、膨大な数のトライとキャスト。

だからこそ重みのある一尾ですね。

大谷さん、ありがとうございました。

またの投稿をお待ちしております。

 

004

春岩魚

p1000038

rodExpert Custom EXC510ULX Limited Edition

lureEmishi 50S Type-Ⅱ[OS

 

こちらは青森県在住、藤原義人さんからの投稿です。

 

「まだ雪代が残って増水気味の川を、早朝から3時間ほど釣りあがって

このイワナに出会うことができました。やり取りしている間はドキドキ

でしたが、なんとかネットに入ったのは自己新記録の45cmでした」

 

藤原さん、ありがとうございます。

いかにも山住まいと言った風貌の味のあるイワナ。春からいい魚を

釣りましたね。

またの投稿をお待ちしております。

 

e696b0e7b791

週末は概ねお天気に恵まれそうです。

今だけの新緑の中での釣りを楽しみましょう!

更新のお知らせ

イトウクラフト,EXC510PUL,アマゴ

rodExpert Custom EXC510PUL lureBalsa Emishi 45SYMO

anglerHayato Ozawa

 

FROM FIELD 更新しました。

 

「雄アマゴの引力」

小沢勇人がずっと憧れを抱き続けるいかつい雄アマゴが、昨年もまた

彼のネットに収まった。そのドラマ。

http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=20#cms322

 

どうぞご覧くださいませ。