spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

Hooking

イトウクラフト

rodExpert Custom EXC820MX lureWood85 18gHYM

 

埼玉県在住、SKさんからの投稿です。

524日、WOOD85で釣り上げた今期2本目のサクラマス。

 

「厳しいサクラシーズンでしたが、何とか2本で終了しました。

タックル、ルアー、そして運に頼っての釣果です。この他にも

2本のバラシがあり、EXCのフッキング性能の高さを知っている

からこそ自分の腕のなさ、集中力や準備不足に悔し泣きです。

EXCも泣いています…。ビギナーズラックから抜け出すために

来シーズンへの課題としてじっくり考えたいと思います」

 

SKさん、ご投稿ありがとうございます。

いい顔付き、そして綺麗な魚体のサクラマスですね。千載一遇の

チャンスだけにバラシはまさに痛恨ですが、ぜひぜひこの壁を

乗り越えて、今期以上の釣果に恵まれますよう期待しております。

来シーズンもよろしくお願いいたします。

更新のお知らせ

p1010846

rodExpert Custom EXC510ULX lureEmishi 50S 1stYMO

anglerHayato Ozawa

 

FROM FIELD 更新しました。

「さらなる高みを目指して」小沢勇人

渓流最終日の朝駆け、スレッカラシの尺アマゴとの勝負。その行方。

http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=20#cms337

どうぞご覧くださいませ。

 

 

そして厳しい残暑と渇水に多くの釣り人が苦しんだ今シーズン、小沢さんは

居着きのアマゴにこだわり、素晴らしい魚と数多くの出会いを果たしました。

俄かには信じ難いほどの釣果に驚くばかりでしたが、こんな状況でも魚は

いたということ、そしてまた、それを手にする術が確かにあったということ。

まずは川に立たなければ何も見えてこない、現場でこそ学ぶことがあるという

ひとつの真理を僕らは小沢さんの釣りに見ることができます。

 

p1020723

rodExpert Custom EXC510ULX lureBowie 50SYMG

anglerHayato Ozawa

 

2012シーズン、小沢さんが釣り上げたアマゴ、その内の一尾。

このいかつさ、完璧なパーマーク、素晴らしい居着きの個体。

詳しくは後ほどFROM FIELDで。

八幡平

e7b485e8918901

岩手県内各地で紅葉が見頃を迎え、天気に恵まれた土曜日は

お出かけになった方も多いと思います。

写真は八幡平アスピーテラインからの眺めです。

綺麗な青空が入ると、よりいっそう紅葉が冴えますね。

薄っすら雪をかぶった岩手山も雫石から見るのとは趣きが

異なります。

 

e7b485e8918902

色鮮やか木々のトンネル。歩いてるだけで楽しくなります。

 

e7b485e8918903

ここも定番スポット、松川大橋。文句ナシの絶景。

散ってしまったブナの木も白く見えますが、地元の方に聞いたら

この辺りの紅葉はちょうど今がピークとのこと。

 

e7b485e8918904

そしてもちろん、渓谷沿いの紅葉も見逃せませんね。

燃えるように色付いた木々、シーズン中には見ることのできない景色。

今年は季節の歯車が狂いっぱなしでしたが、とにもかくにもこうして

季節の変化を身近に感じ四季折々の美しさを見られることにいつもながら

幸せを感じます。

受注開始

イトウクラフト,WOOD85

オフシーズンも約1ヶ月が過ぎ、そろそろ新シーズンの準備を始めている方

も多いことでしょう。まずはもちろんサクラマスから。

来期のサクラマスシーズンに向けまして、WOOD85および蝦夷スプーン65

の受注を開始いたしました。

 

p42607521

rodExpert Custom EXC820MX lureWood8518gGS

anglerHideki Ito

 

WOOD85はデビューから2シーズン目を迎えた今期も、フレッシュランから

激戦区のスレたサクラマスまで、様々なシチュエーションで魚を呼び込みました。

2012年のサクラ釣行の模様は今後WEBにて詳しくレポートします。

マス釣りに新たな面白さをもたらしたWOOD85の代名詞とも言うべき変幻自在

のヒラ打ちアクションと、ウッド製ミノーの常識を覆す圧倒的な飛距離は河川規模

や時期を問わず、来シーズンも数多くの出会いを演出してくれることと思います。

 

spoon2013

また、特にシーズン初期、雪シロを含んだ押しの強い流れを攻略する時、スプーン

は欠かすことのできない武器です。ミノーでは攻め切れない流れの底波をじっくりと

ドリフトできるスプーンだからこそ、釣れるサクラマスがいます。蝦夷スプーンは、

シルバーベースには純銀、ゴールドベースには純金のメッキを施し、魚に警戒心を

与えかねない過度の反射を抑えながら、ふわっと包み込むような艶かしい光を放って

サクラマスの食い気を引き出します。

もちろん、デッドスローでもしっかり尻を振って泳ぎ、それでいて浮き上がりと回転

を抑えた基本性能の高さもずば抜けています。

 

p1010285

rodExpert Custom EXC860MX lureEmishi Spoon6521gGYS

anglerKatsutoshi Yoshikawa

 

 

■ご注文締切日:2012115日(月)

 

WOOD85

■希望小売価格(税別):3,400

■スペック:85mm / 14g(黒フック)・18g(赤フック)

■カラー:10

■発送開始:20131

 

蝦夷スプーン65

■希望小売価格(税別):838

■スペック:65mm / 14g18g21g24g

■カラー:13

■発送開始予定:201212

 

WOOD85は基本的に受注生産となり、ご注文のあった数を製作いたします。

お問い合わせやご予約は各お取扱店まで、どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお今期同様、WOOD85のスムーズな製作・発送を優先するため従来の

サクラマス用インジェクションミノーは製作いたしませんので、あらかじめ

ご了承くださいませ。

第四話

WEB小説「スーパー編集者 鈴木聡一郎君」第四話を掲載いたしました。

新幹線の中で、広げられた聡一郎君の風呂敷の中身は…。

 

【第四話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL04.html

【第三話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL03.html

【第二話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL02.html

【第一話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL01.html

 

どうぞお楽しみください。

紅葉

0031
 

今朝の雫石。きりりと冷たい爽やかな空気を胸一杯吸って、

仕事前に紅葉を拝みに。

どんどん山の色付きが進んで、景色がますます鮮烈に。

 

日曜日から雨が続きそうなので、土曜日がたぶんベスト!

お出かけの方は寒さ対策を十分に。そして脇見運転は
本当に危ないので、
きちんと車をとめて綺麗な紅葉を
じっくり楽しみましょう。

 

0012

北の大地の秋

イトウクラフト

rodExpert Custom EXC560ULX lureEmishi 50S Type-Ⅱ[AU

 

こちらは北海道在住、湯村篤司さんからの投稿です。

今年929日に釣り上げた37cmの秋ヤマメ。

 

「時期的にもう北海道のヤマメシーズンは終わったと思い、

地元のお気に入りの支流でニジマスを狙っていたところ蝦夷が

連れてきたのは予想外のヤマメ。サイズ的には自己記録を大きく

更新する秋色の濃い37cmでした。来シーズンもこんな幸運が

続くことを願うばかりです」

 

婚姻色やサビの入り方に、本州とは異なる北海道の季節の進み方が

現れています。北海道の秋が凝縮しているような色合い。

湯村さん、ありがとうございました。

またの投稿をお待ちしております。

もう少し

img_9851

雫石の紅葉は全開まであと少しといったところでしょうか。こないだの

日曜日、葛根田川上流の玄武洞付近でこれくらいの染まり方。
まだ緑の葉っぱも目立ちますね。

でも、「もう少ししたら…」と思っている内にタイミングを逃しがち

なのが紅葉ですよね。今週末辺りはイイんじゃないでしょうか。

 

img_9772

 

玄武洞は雫石十景のひとつで県内でも有数の景勝地。この荒々しい断崖と

春は新緑、秋は紅葉の美しさが織り成す素晴らしい眺望を堪能できます。

オリオン

orion

この季節を代表する流星群「オリオン座流星群」の活動がピークに達する

と予想された昨夜。肝心の天気は幸い雲が少なく雫石からも見事な星空を

楽しむことができました。オリオン座の見える東の空が明るいのは、

盛岡市の街灯りがあるからです。この流星はハレー彗星が残していった塵が

光って見えるものだそうで、10個くらいその軌跡を見ることができました。

で、そのたびに願い事。ちゃんと写真に写ってますように…。

しかし帰ってきてPCの画面で確認すると、流星らしきものは見えず。

けっこう粘ったんですけど、やっぱり難しいですね。

まあ、たまには星空を眺めながら静かに夜を過ごすのもいいものです。

 

そして静寂の夜空に、どこからともなく白鳥の鳴き声が…。

もう今年もそんな季節なんですね。

第三話

ご好評の短期集中連載、WEB小説「スーパー編集者 鈴木聡一郎君」第三話

を掲載いたしました。徐々に明らかになってきた一般人とはかけ離れた生態を

持つ聡一郎君、とにかく新幹線ひとつ乗るのにも大騒ぎなのです。

 

【第三話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL03.html

【第二話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL02.html

【第一話】http://www.itocraft.com/FROMFIELD/WEBNOVEL01.html

 

初めての方はぜひ第一話から。どうぞお楽しみください。

 

img_1785

 

釣りシーズンが終わって休日はすっかり読書の秋ですが、

明日は天気も良さそうですしカメラを持って近くの山でも

散策してみようかな。今年は紅葉もキノコも遅れてますが、

何だか山栗も少ないですよね。あの素朴な甘みが最高なのに…。