spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

更新のお知らせ

news

rodExpert Custom EXC510ULX lureBowie50SAU

anglerHayato Ozawa

 

FROM FIELD 更新しました。

「完璧な道具と全力の釣り」

http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=20#cms358

 

透き通るような美しいアマゴ、サイズを超えた魅力。

どうぞご覧くださいませ。

境界線

013

anglerHideki Ito

 

「泣き尺のヤマメと尺を超えたヤマメって、不思議なくらいまったく

その数が違うんだよ。尺を超えると途端に数が少なくなる」と伊藤秀輝。

釣りにくさという意味でそこにハッキリとした境界を感じている。

そしてもちろん、さらに上のサイズにも別の境界が存在していると言う。

サイズだけが魚の価値を測るモノサシではないけれど、釣り人たるもの、

ひとつの壁を突破した喜びが確かにある。

 

022

rodExpert Custom EXC510ULX lureBowie50SPYG

 

すっと伸びた鼻先、盛り上がった背中の丸みが目を引く雄の尺ヤマメ。

先日の豪雨によって雫石の多くの釣り場が甚大な被害を受けたが、

そんな時こそ釣り師としての引き出しの多さが問われるのだ。この日も

伊藤は地元を離れた川で、長い経験を糧に尺ヤマメの境界を超えた。

 

032

rodExpert Custom EXC510ULX lureBowie50SPYG

 

こちらの雄はやや細身ながら、より華やかで綺麗な色彩をまとった個体。

ひとつの川にもこうしていろんな個性を持ったヤマメが棲み、その姿を

僕らはじっくりと味わいたい。時間を忘れて眺めていたい。

 

今シーズン、この楽しみに没頭できるのもあとひと月。

秋風

img_8944

朝晩は随分と涼しくなりました。梅雨明けが遅かったこともあり

あっという間に秋がやって来た感じがしますね。もちろん日中は

まだ暑いですが、日射しはどこか柔らかく、乾いた爽やかな風に

少しずつ秋を感じるようになりました。

 

今日は昨年秋に頂いた投稿をいくつかご紹介。

 

e6b293e6bea4e6a798

rodExpert Custom EXC510ULX lureEmishi50S 1st Type-Ⅱ[YMO

 

宮城県在住、沓澤和輝さんからの投稿です。昨年9月に釣った33センチの

秋色ヤマメ。「禁漁間際にいい魚に出会えてよかったです」

 

e696a7e6bea4e6a798

rodExpert Custom EXC510UL lureBalsa Emishi50S

 

こちらは秋田県在住、斧澤勉さんが超渇水の中で釣り上げた32.5センチ。

「シーズン中3本の尺ヤマメを釣りましたが、この魚が一番綺麗でした。

憧れの40センチを目指して頑張りたいと思います」

 

kce6a798

rodExpert Custom EXC560ULX lureEmishi50S Type-Ⅱ[YAE

 

長野県在住、kcさんより。胸鰭の黄色が鮮やかな居着きの雄アマゴ。

「流れの勢いが強く、しかもダウンでヒットしたためネットに入れるまで

がドキドキでした。蝦夷50SタイプⅡはアップでもダウンでも良く泳いで

くれるので一度付けたらほとんどコレひとつで通すことが多いです」

 

皆さん、ありがとうございました。

今シーズンも遂に終盤を迎えましたね。ぜひ思い出に残る楽しい釣りを!

またの投稿をお待ちしております。

秋へ向かう色彩

rimg0338

rodExpert Custom EXC510PUL lureBowie50SBT

anglerDaisuke Ito

 

昨日に続き週末の釣果。この写真のヤマメは土曜日にヒット。昨日紹介

したヤマメとはまた違う川だが、魚も全く異なる系統の32センチ。

 

rimg0356

夏から秋へと着実に季節が進行していることを教えてくれるヤマメの微妙な色彩。

半袖のTシャツ一枚では早朝の釣りは肌寒くなってきましたが、徐々にヤマメ
色付き始めて、夏の魚とはまた違った魅力に惚れ惚れしますね。

晩夏の宝石

img_6459

anglerDaisuke Ito

 

日曜日の午前10時頃、木漏れ日の渓流で伊藤大祐のネットに収まった

35センチのヤマメ。このパーマーク、ヒレ、見事な色艶に絶句。

 

img_6440

rodExpert Custom EXC510PUL lureEmishi50S Type-Ⅱ[YAE

 

遠征釣行で辿り着いた一尾。ルアーは様々なポイントに対応する安定性を持ち、

また5グラムという重量からは到底イメージできない高いレスポンス性能を誇る

蝦夷50SタイプⅡに口を使った。

詳しい釣行の模様は後ほどFROM FIELDで掲載します。

夢見る大ヤマメ

img_6498

rodExpert Custom EXC510ULX lureEmishi50S 1st Type-

anglerHideki Ito

 

FROM FIELD 更新しました。

「大ヤマメの夢」

http://www.itocraft.com/FROMFIELD/category.php?cateid=31#cms357

 

どうぞご覧くださいませ。

昨秋

img_7465

昨年の今頃はとにかく暑くて雨も降らず、シーズン終了まで猛暑と超渇水

が続きましたね。そんな中での嬉しい一尾。

 

imgp0026

rodExpert Custom EXC510ULX lureBowie50SAU

 

こちらは宮城県在住、Y.吉田さんから頂いた写真。

昨年9月、厳しい状況ながらリリースされて間もないボウイで手にした魚。

地上では夏の暑さが長引く中、渋い秋色を浮かべ始めた尺ヤマメ。

 

p9210573

rodExpert Custom EXC510ULX lureBowie63S

 

同じく昨年秋の釣果で、宮城県在住の熊さんからの投稿です。

こちらは同じボウイでもプレゼントモデルの63S

「終盤戦になってもなかなか釣りに行けず、9月後半になりやっと時間が

取れた中での思い出深い1本です」

 

お二方、ありがとうございました。

今シーズンも楽しい釣りをしてますでしょうか。また良い魚が出ましたら

ぜひぜひご投稿くださいませ。

初めての

e7868ae5b48ee6a798efbe94efbe8fefbe9232

rodExpert Custom EXC630LM lureEmishi65SRS

 

岐阜県在住、熊崎亮さんからの投稿です。

 

「先日の遠征で人生初の尺ヤマメを釣ることが出来ました。

さんざん暴れ回ったのでスリリングなやり取りが楽しめました。
普段はアマゴが遊び相手ですが、ヤマメも魅力的ですね」

 

昨日に続いて夏らしいパワフルなヤマメ。綺麗だし、筋肉質な感じで

これもよく引きそうな魚ですね。

熊崎さん、ありがとうございました!

夏の本流へ

r0011467

観測史上初、といった単語にもさほど驚かなくなってしまった

ここ最近の猛暑や局地的豪雨に代表される異常気象。釣り人的観点

から見てもそのほとんどが歓迎できる材料ではありませんが、

それでもやはり自然の中に身を置くことは僕らに掛け替えのない

感動を与えてくれます。細心の注意を払いつつ、そして日々感謝しつつ、

残りのシーズンをしっかりと満喫したいものです。

 

h250811e69cace6b581e38284e381bee3828139-efbc91

rodExpert Custom EXC600ULX lureEmishi65S 1st Type-Ⅱ[YMO

 

こちらは福井県在住、越乃隠者さんからの投稿です。

 

「梅雨が明けて、水も引いてきた夏の本流に行ってきました。

トロ瀬をアップクロスで攻め、蝦夷をヒラ打ちさせながらゆっくり

ターンさせていると、ドン!と乗りました。こんなに太いヤマメは

初めてです。この魚体が暴れまくったのでスリル満点でした」

 

 

ヤマメのサイズは39センチ。しかしメジャーが示す長さよりも、

やっぱりこの太さが魅力的。本流の面白さがこの魚体にパーフェクトに

表れてますね。

越乃隠者さん、ありがとうございました。

またの投稿をお待ちしております!

尺ヤマメ

000

本日より、通常どおり業務を再開いたしました。

ご不便をお掛けしましたが、お休み中に頂いたお問い合わせには

順次回答させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

 

001

rodExpert Custom EXC510UL lureBowie50SAU

 

こちらは岩手県在住、細川さんが釣り上げた尺ヤマメ。

ボウイ50Sでヒットに持ち込んだ精悍な顔付きをした雄。

 

002

パーマークのブルーと薄っすらと浮かぶピンク。

綺麗な色合い、ヤマメらしいヤマメ。

 

e381abe38193e381b1e381a1

仕事やら家庭やらの多忙を言い訳にせずに釣りを楽しんで、

こうしてすばらしい魚を手にする男らしさが格好いいです。

 

細川さん、ありがとうございました。