spacer
Media / Contacts
HOME RODS LURES LANDINGNET ACCESSORY FROM FIELD CRAFTSMANSHIP NEWS MOVIE
NEWS TOP

耐える

01

rod:Expert Custom EXC560ULX lure:Emishi 50S 1st TYPE-Ⅱ[BS]

岩手県在住、佐々木貴浩さんからの投稿です。
「ドフッっと押さえ込むようにバイトしてきました!その後の
ファイトも強烈でゴンゴンと首を振りなかなか浮いてきませんでした。」
鼻先から背中までの張りがあり素晴らしい体高ですね。
佐々木さんの言うとおり、このような魚はなかなか浮いてきませんよね。
十分記憶に残ったヤマメになったはずです。

佐々木貴浩さん、ありがとうございました。
今年もゴンゴンとさせる魚と出会えるよう頑張ってください。

解禁

さぁ待ちに待った渓流解禁です。
と言いたいところですが、まだ春の遠い雫石です。

1

今年は大雪のせいで川への入渓が困難な地域もあるかと思います。
3月は全層雪崩が発生しやすい時期でもあり本当に危険ですので
決して無理をしないようくれぐれもご注意ください。

2

解禁を迎えると半袖姿で川へ立ち込む季節がまた待ち遠しくもなります。

皆さまに今シーズンも素晴らしき時間で満たされますよう、
心から願っております。

今年の楽しみ

07

rod:Expert Custom EXC510UL lure:Balsa Emishi 50S[ITS]

埼玉県在住、榎本一雄さんからの投稿です。

「シーズン終盤の9月、何とか良型を手にしたいと
気が急いてくる中、初めての川へ遠征することに。
流れの速い瀬にアップでキャスト、瀬尻からの開きで
絡みつくようにバイトしてきました。
体高のあるプロポーションと色艶にうっとりしながら
写真に収める。そして、一応サイズを測ってみると29.5cm。
満足、でも少し残念。来シーズンが楽しみです」

来シーズンとはつまり今年のこと。さらなる開拓に
胸が躍りますね。またの投稿をお待ちしております。
来週はいよいよ新しい渓流シーズンの幕開けです。
強烈な寒さに凍えながらも、こういう精悍で綺麗なヤマメを
見ると途端に渓流が恋しくなります。
榎本さん、ありがとうございました。
 
14

今年の渓流解禁は雪が凄そうですね。
解禁日から出掛ける方はあれこれ準備の週末でしょうか。
皆さん、良い休日を!

サクラにはまる

06

最低気温がマイナス10℃を軽く下回ったりとか、まだまだ
寒さが身にしみる日々ですが、軒先の長いつららが少しずつ
溶け出して、ぽたぽたと落とす雫を見ていると、この北国にも
春が近付いてるのかなーと嬉しくなります。
これから行きつ戻りつ冬と春のせめぎ合いですね。
 
 
3

rod:Expert Custom EXC820MX lure:WOOD85

12

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Emishi 65S 1st Type-Ⅱ[YMB]

こちらは秋田県在住、つしまさんからの投稿です。
「サクラマス最高です。そしてやはり、とてつもなく奥の深い
世界でした」
そう語るつしまさんは、サクラマス釣りを始めてからそう長くは
経ちませんが、ずっと楽しんできた渓流のヤマメ・イワナ釣りの
経験が驚くほど生きていることを実感しているそうです。
やっぱり基本は渓流にありますね。
つしまさん、ありがとうございました。
今シーズンもどうぞ楽しい釣りを。

転換

05

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[BT]

福島県在住、遠藤拓也さんからの投稿です。

「梅雨も明け、記憶にないくらいの渇水が続く中、いくら
嘆いても雨は降ってくれないので、発想を転換し、これまで
手が出せなかった本流筋の大場所へ行ってみることに。
当日の朝、渇水とは言え本流の流れは予想以上に押しが強く、
ヒヤヒヤしながら川を渡り、お目当てのポイントに。
深呼吸をして一投目。遠目にもボウイのフラッシングが見え、
するとそのボウイの真後ろで、派手にヒラを打つ大きな銀色の
魚影が目に入りました。直後、ズンッと重みが伝わり、ドラグが
鳴りました。釣り上げてみると、うっすらと色付き始めた
39cmのヤマメでした」

本流の押しの強い流れで育ったコンディション抜群の魚体。
渇水というネガティブな要素が、発想を切り換えることで
この着き場に導いてくれましたね。読みが冴えた一本。
遠藤さん、ありがとうございました。
今シーズンもご投稿お待ちしております。

開拓

e88f85e58e9f

rod:Expert Custom EXC510ULX lure:Bowie 50S[CT]

岩手県在住、菅原さんからの投稿です。
「初めて訪れた川で、ボウイがかっこいいヤマメ達を連れて
きてくれました!」
未知の場所でこそ信頼の置ける道具が不可欠。
体高のあるパワフルな魚体、今シーズン本格的に攻めるのが
楽しみな川ですね。
菅原さん、ありがとうございました。
またの投稿をお待ちしております。

限定ロッドに関するご連絡

限定ロッドをご注文くださった皆様お一人お一人に、現在、
抽選結果のご連絡を差し上げている最中ですが、全ての方へ
ご連絡を完了するにはもう少し時間が掛かりそうです。
大変お待たせし申し訳ございません。来週頭までには完了
できるよう努めますので、なにとぞご了承くださいませ。

また、こちらからのメールが届かないケースもありますので、
迷惑メールブロック等の設定を再度ご確認頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

神通鱒

04

rod:Expert Custom EXC860MX lure:Emishi Spoon 65・24g[RS]

昨年4月、神通川の63cm。
富山県在住、山本重雄さんからの投稿です。昨シーズンは
数もサイズも今一つだったらしいですが、それでも立派なマスを
数本ご投稿いただきました。どんなシーズンでも毎年安定して
釣果を得ている釣り人はやはり経験から多くのことを学び、
身に付けているからこそ、差が歴然と生まれるのだと思います。
今年も九頭竜川が解禁していますが、例年にない大雪で
川に近付くのも危険な状況のようですね。
まずは焦らず、大きな群れの遡上をじっくり待ち構えてから
安全第一で出陣してください。
今シーズンもご投稿お待ちしております。

幸先

rod:Expert Custom EXC600ULX lure:Emishi 50S 1st Type-Ⅱ[YMO]

昨年の6月初旬に釣れたヤマメ。
宮城県在住、平正樹さんからの投稿です。

「弟と一緒に渓流釣行してきました。サクラマスから渓流釣りに
シフトして、幸先良く尺ヤマメが出てくれました。
この日は、丸一日攻めてふたりで尺クラスが2匹、泣き尺1匹、
その他は小さいサイズも一切チェイスがない状態でした。
流れが寄り集まった押しの強い流芯の中で、ファーストタイプⅡの
ジャーク気味のアクションにアタック。ロッドが溜めの利く
ロクマルでしたので、ファイト中も安心して楽しめました」

平さん、ありがとうございます。
東北で言えばまだ渓流シーズン序盤の時期に、このサイズは
嬉しいですね。パーマークを薄っすら浮かべたピカピカの
綺麗な魚体が初夏の光を受けて輝いています。
さて今年も追波や旧北のサクラマスがいよいよ開幕しましたね。
今シーズンもどうぞ楽しい釣りを!

限定ロッド 抽選結果について

限定ロッドをご注文の皆さまへ。
この度は抽選作業にお時間を頂戴し申し訳ございませんでした。
お陰様をもちまして非常に多くのお申込みをいただきましたこと、
改めて心より感謝申し上げます。

明日より抽選結果のご連絡を開始いたしますが、全ての方に
送信し終えるには来週まで作業が掛かる見込みですので、
いましばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

今回の抽選方法につきましては、乱数生成ツールを使用し、
ご注文者全員に割り振った通し番号の中から機械的かつランダムに
抽出された数字により決定された結果となります。
残念ながら抽選漏れとなってしまった方々には、ご要望にお応え
できずはなはだ恐縮でありますが、引き続きご愛顧いただければ
幸いでございます。

なにとぞよろしくお願いいたします。